埋葬された宝物

 AndreaとNormanは地元のモダンPPTQで、お互いに第1ゲームのためにデッキを提示した。NormanはAndreaのデッキをディール・シャッフルし、その後で「ん、61枚でプレイするの?」と聞いた。Andreaは「えっ!? いや……」と言い、手早くサイドボードが15枚あることを確認した。彼らはジャッジを呼び、状況の解決を頼んできた。  Andreaのデッキを確認したところ、提示されたデッキの中にそれと同じ色のスリーブに入った宝物・トークンがあることがわかった。どうすべきか。

Read more.

そう急ぐなよモンストロサウルス君!

 Amesは『イクサラン』のシールドPPTQでNettyと対戦しています。Amesが第5ターンにアンタップした時点で、Nettyはタップアウトしていました。Amesはカードを引き、そして即座に片手で土地を4枚タップすると、もう一方の手で土地1枚と《》を両方タップ状態で出して「攻撃、5点」と言いました。Nettyは「5点ね」と答えました。ライフ総量を書き換えていると、NettyはAmesが出した土地が《》であることに気づき、ジャッジを呼びました。Amesに尋ねたところ、時間を節約するために素早くプレイしていて、手札にあったカードを間違えてしまった。別の土地をプレイしたつもりだったと言います。確かめてみると、Amesの手札には3枚の《》がありました。  どうすべきでしょうか。

Read more.

何の勇者?

 Patrickは、ルール適用度が競技で運営されているスタンダードの5kイベントで、《》デッキを使っています。  Patrickのデッキリストは以下の通りでした。 22 土地 4 氷河の城砦 2 敵意ある砂漠 2 イプヌの細流 3 灌漑農地 5 島 6 平地 14 クリーチャー 4 発明の天使 4 勇者 3 査問長官 3 聖なる猫 14 インスタントとソーサリー 4 航路の作成 1 燻蒸 2 選択 4 復元 3

Read more.

古典的腹心的腹心

 AnkerとNiteがモダンのPPTQで対戦しています。Ankerは《》をコントロールしています。彼はアンタップし、彼のクリーチャーを指差して「腹心の誘発」と言ってカードを引きました。Ankerは続けて「このターンのドローしていいか?」と言いました。Niteはジャッジを呼び、Ankerが《》の誘発で得たカードを公開せずに手札に入れたと説明しました。どうすべきでしょうか。

Read more.

スリーブを不足させないこと!

 AmyはシールドPPTQの第1回戦、Neveと対戦するために座り、ラウンドが始まりました。Amyは自分のデッキに1枚カードが多いことに気づき、ジャッジを呼びました、彼女はちょうど40枚スリーブを持っていましたが、スリーブをつけているときに1枚カードが余ったのです。Amyはその過剰なカードが何かがわからなかったので、あなたはすぐにデッキリストを持ってきて確認したところ、デッキリストにはメインデッキに41枚登録されていました。Amyはスリーブの予備を持っておらず、既にラウンド開始から4分が経過しています。AmyとNeveを対戦させるためにどうすべきでしょうか。また、違反や懲罰は(あるなら)何が適用されますか。

Read more.

おおっとの神殿

 あなたがヘッドジャッジをつとめるモダンのPPTQで、AshtonはNaomiと対戦しています。Ashtonはそのターンの土地として《》をプレイしました。Ashtonは自分のライブラリーの一番上のカードを見て、テーブルの上に裏向きで置きました。Ashtonは考えてからそのカードを手に取り、自分の手札に入れました。Naomiは即座にジャッジを呼びました。どうすべきでしょうか。

Read more.

不在の先兵

 あなたは『イクサラン』シールドのPPTQでヘッドジャッジです。第2回戦の終わりに、あるプレイヤーが、床に落ちていた、誰のものかはわからない、と黒マットのスリーブに入った《》を渡してきました。黒マットのスリーブを使っているプレイヤーは何十人もいます。カードが落ちていたというアナウンスをしても、誰も名乗りませんでした。  第5回戦の間に、あなたはそのカードの所有者であるPeterを見つけました。Peterはこのカードが彼のものであると確認しましたが、それがなくなっていることに気づかなかったと言います。このカードはPeterのデッキリストの「使用枚数」の欄に記載されていました。Peterは現在第5回戦の第2ゲームの途中で、彼が現在使っているデッキは40枚でした。

Read more.

2つのデッキの使い分け

 AbagailはシールドのPPTQに参加しています。彼女はマッチの第1ゲームのために着席し、スリーブのかかったカードおよそ40枚の束をデッキボックスから取り出し、シャッフルして対戦相手に提示しました。自分の初期手札を引いている間に、彼女は即座にジャッジを呼び、これはサイドボードだと説明しました。彼女は素早くサイドボードができるように何組かのカードにスリーブをかけてあって、間違った束を取ってしまったと言います。どうすべきでしょうか。

Read more.

不気味な思惑

 あなたが1人でジャッジしているモダンのPPTQで、ArielleとNiceが対戦しています。Arielleは《》をコントロールしており、その-2能力を起動してカードを探し、見つけました。彼女は自分のライブラリーを切り直して、そのカードをその一番上に置きました。その後、Arielleは《》で攻撃し、Nickは《》でブロックしました。戦闘ダメージに進み、両クリーチャーが死亡して、Arielleは「《》のドローね」と言ってすぐにカードを1枚引きました。Niceは《》を読み、カードは引けないと指摘してジャッジを呼びました。  どうすべきでしょうか?

Read more.

湯の中に上陸

 PPTQのラウンド4のデッキチェックで、あなたがプレイヤーのデッキを裏向きに広げたところ、5枚が他のスリーブに比べて1~2ミリ程度短いことに気づきました。その5枚は《》《》《》《》《》でした。プレイヤーにスリーブをどうかけたか尋ねたところ、彼は、まずデッキをソートして、デッキリストを書いて、それからデッキを軽くシャッフルしてからスリーブをかけた、と言います。また、スリーブの枚数が足りなかったのでスリーブを2パック混ぜて使ったとも言いました。あなたはここに故意はないと判断しました。どうすべきでしょうか。

Read more.