ラヴニカの献身にむけてポリシーの変更

The New Docs

IPG | MTR

ラヴニカの献身来たれり、つまり我々シミックの旗を掲げる時が来たということだ。培養槽の蓋を開け!接合者に備えよ!

新たな2つのマッチロス

君らの興味をひくと断言しよう。私はこれから大きな、しかし君らが当初思うほどには大きくないことをアナウンスするところだ。大きく息をして。

〔結果の捏造〕と〔買収・賭博〕の懲罰はこれより【マッチの敗北】となる。

息をして。なんなら鰓も使うと良い。大事なことだが本当に注意して欲しいのは、そのような申し出やダイスを振ることをプレイヤーがやってはいけないことだと認識していた場合、それは〔故意の違反〕となる。そのプレイヤー達は【失格】になる。ほとんどの人はよく知っているはずだ。

しかし、本節に記載されたルールは複雑で、大きなトーナメントでそれほどプレイしたことがない人々は詳しく知らず、誤って道の途中の落とし穴に嵌ってしまうことになる。このような場合には、依然として過酷だがいくらかマシな【マッチの敗北】(もしくはいくらか状況ではダブル【マッチの敗北】)を与え、DQの書類仕事でさらに鞭打つのではなく、より教育的な機会とみなすということには納得がいく。加えて、もはやプレイヤー達がそのような申し出を受けた時に直ちにジャッジを呼ぶ必要はない。依然として、プレイヤーにはそのような違反を(他のすべての違反と同様に)指摘することが期待されるが、ジャッジを巻き込まなかったからといって同じ違反で失格になるということはない。その一方で、対戦相手を穴に嵌めようと誘いこむ行為に対するルールを厳しくした。違反へと誘惑しようとする(“ここで引き分けってのはお互いに最悪だ。なんとかできないかなぁ!”)ことは、それだけで、違反となる。

トロールを誘発させるより良い方法

君たちの中に、私が少し前に《納骨堂のトロール/Charnel Troll》について投稿したことを覚えている者もいるだろう。開発部の者達とも議論している間、ポリシーの中の思い通りに機能していない部分についても話し合って、その結果としてより洗練された変更を少々施すこととなった。タコの脚だな!

まずはじめに、選択しなかった場合の処理についての特別な措置は無くなった。これらのルールは、IPGに先んじて、永遠と存在していたが、誰しもそれほど好んではいなかったということが判明した。それらの内の幾らか、とくに契約に顕著なものだが、は酷く懲罰的である。いくつか扱いにくい技術的なコーナーケースが存在した。”そうしない場合/If you don’t”と”できないなら/If you can’t”は異なった挙動をしている(そして《納骨堂のトロール》は全く異なるテンプレートを使用していた)。これよりは、選択しなかった場合の処理が存在する誘発型能力を忘れた場合には対戦相手がその能力をスタックに積むかどうかを決定する。スタックに積まれた場合、全ての選択を適切に行う。


この節には清算のための誘発もあった。オブゼダートや霊異種はそれらをゲームから取り除いて、遅延誘発で再び戻ってくるという能力を持っている。厳密には2つの部分に別れている能力なのだが、後半2つめの方を忘れるた時にあまりにも懲罰的なので、直感的に1つの能力とし、これらのための例外を彫り上げたのだった。また、この例外は、長すぎる間さらし上げられた聖トラフトの霊の天使トークンの誘発の面倒も見る。そして秘蔵の縫合体の誘発も…

待て。《秘蔵の縫合体/Prized Amalgam》?お前どうやってここに紛れ込んだ?《秘蔵の縫合体》の言葉遣いは、同じバケツへと放り込まれるのに充分なほど相似していた。これ自体はそれほど大きな問題にはなっていなかった。ポリシーが時折、起きるべきだった誘発をなにがなんでも誘発させていたとしても、何も壊してはいなかったが、でも少し奇妙だった。なので、私は再び誘発型能力を訪れる時のため、メモを残していたのだった。

これよりは、誘発型能力は、能力によって遅延誘発型能力が作られた場合能力自身によって清算のための領域移動なのかどうか(一時的なトークンの生成もここに含まれる)を明白に見る。これはより狭い定義となるが、君らが直感的にこのバケツの中にあるべきだと思うようなカードには該当しているはずだ。今回の版は読みやすくまた理解もしやすいと思う。


さて《The Tabernacle at Pendrell Vale》の話をしようか。基地には巨大な再結合研究所を得たものの、このカードは長年の間、ちょっとイライラするものとなっていた。Tabernacleは他のオブジェクトに誘発型能力を与えるという現存しないテンプレートを用いているカードの最たるもので、特に対戦相手のオブジェクトに能力を与えるものである。そして土地なので(前にも中央にも置かれず)、対戦相手にしてみると信じられないほど簡単に忘れてしまい、また忘れたということに対する懲罰は、選択しなかった場合の処理が存在するために懲罰的であった。プラスして、【警告】も出る、という特別な意味を持っていた。

選択しなかった場合の処理の棚卸しをした。その場合の【警告】はどうだろう?これらの誘発型能力を有害でないとするべきだろうか?ここに、直感的な解決方がある。誘発型能力は自身が存在させている場合にのみ有害であるとすることだ。自分が作り出したものには常に責任を持とうということだな!

また、明確化のための機能的でない変更を他にもいくつか誘発型能力の節に施した。これからの誘発型能力はより早く、より強く、そしてごく一部のラクダにのみ影響することになったわけだ。

いつか来た道

テキストの分量でみるところ、もっとも大きく変更されたのは、マジック・イベント規定の中の新しいコミュニケーションの節の、ループについて割かれた部分だ。テフェリーのおかげでまたもや問題となり始めたので、私はマジックのルールマネージャーのEli Shiffrinとどうしたら良いだろうかと話をした。 ループのルールは具合が良いようだ。たしかに別の歯列や、もしくは尾を使うことができたかもしれないが、それでは何ができなかったのだろうか?また、行動ではなく選択を通じて持続していたループは実際には処理しできていなかった。それらを修正するためには簡単だ、より多くの歯を用いれば良い。

MTR 4.4にどのように選択を扱うとループを形成するのか説明する段落を加えた。ここには逆転裁定がある。過去においては、非公開の領域(たいていの場合は自身の手札)を巻き込んで選択を行なっていた場合には、ループを止めることは要求されてこなかった。しかしこれからは、選択と行動は同じように扱うので、異なる選択を行わないならば、(それらの領域を公開するかジャッジに承認を得るかで)他の選択が行えないことを示さなければならない。そうでなければ、ループは終わる。これよりは、誰かがループを持続していても、ほとんどの場合には止めることができるはずだ。

いつか来た道

誰か馬の部分って要る?

雑多な部位(馬とその他)

  • 00人ほどの人たちが〔トーナメントの誤り〕はカットする時にリセットされるのを知っているのか確認してきた。イエス、これは見落としだ。だがノー、この不整合が生じている間ずっと、その裁定を受けた人はいなかった。(まだ【ゲームの敗北】になっていないトーナメントの誤りを繰り返すのは本当に難しいのだ!)イエス、それは修正された。
  • プレイヤーが”どうぞ”と言った(もしくはターンを渡した)場合に、終了時間のアナウンスがされて、対戦相手がターン終了ステップに何かしていた(もしくはまだアンタップしていなかった)場合、対戦相手のターンが0ターン目となる。プレイヤーがターンを渡した後で時間を使い切るためにアンタップに時間をかけると言ったようなことへの誘因をこれで除外することができる。
  • 〔非公開領域の誤り〕に〔過剰なカードを見た〕との境界にまつわる少々の調整を行った。過剰なカードを見て、カード群に加えられなかった場合にLECとなる。これで、より単純に、願わくばより混乱が起きないようになっていてほしい。またカードを戻す場合にも小さな調整がある。ライブラリーの上が特定されているものの、他の場所にあるべきだという奇妙なコーナーケースにおいては、そのあるべき場所を反映する。
  • プレイヤーがカードをデッキからなくして、サイドボード済みの場合、我々はサイドボードの中から無作為にカードを交換する。構築ではこれで良いものの、リミテッドにおいては奇妙な結果を生み出すことがある。これよりは、本来メインデッキに存在していたサイドボードのカードから無作為に選んでデッキに混ぜ込む。奇妙に聞こえるかもしれないが、うまく機能する。前のアリクイ–蟻の混成体よりはマシに動くはずだ。
  • 〔リミテッド手順抵触行為〕の例の1つにプレイヤーがドラフト中に頭を動かしすぎたというものがある。そういった行動はすべきではない。ジャッジの不安を煽る行動だ。
  • 〔その他一般のゲームルール抵触行為〕の領域変更の部分的修正の文言の“把握できている/identity”という語の使い方について混乱があった。問題が発生した時にライブラリーの上にあるカードを指して、それが上にある時に、”把握できている”と言われた時には驚いた。たしかに、誰もがそのカードを指して”ああ、たしかにそこにあったカードだ”と言える。しかし、〔非公開領域の誤り〕の中では”把握できている”とは表の情報を知っているという意味で実装されている。機能的な変更ではないが、混乱を避けるためにこれより定義では”identity”という語は使用しない。
  • ジャッジはプレイヤーが情況情報を特定する手助けをしても良い。これによって問題になるということは起きないと断言しよう。

私のミニオンは軍勢をなし、そしてほとんどが人型だ

アイデアと提案を書いてくれた皆さんに感謝を。トーナメントの文書はあらゆる形と大きさのアイデアの縫合体だ。特筆すべき接合の達人たちを紹介しよう、Kevin Desprez,、Scott Marshall、Sara Mox、Isaac King、Steven Zwanger、Bryan Prillaman、Eli Shiffrin、そしてAdam Eidelsafyだ。それじゃあ新しい混成体を楽しんで!

おおっと、もう1つ(偏執的な笑い)

JamesとKimのチームが、長年本当に必要とされていたJARの更新に良い働きをしてくれた。変更する理由があるまでとっておいた小さな調整もした。〔買収・賭博〕の懲罰に関する変更も(より関係があるであろう)JARに反映されている。ので、新しい表皮を得た。(センザンコウ!)

理念は変わっていないし、長さもそんなにない。そしてまた、良いアドバイスで満ちている。再び読む機会としては良い言い訳ができたってわけだ。さあ行こう