IPG 3.4 イベント上の誤り ― デッキリストの問題

懲罰【ゲームの敗北】

 

定義

 

 デッキリストが不適正である。または、大会中にカードをなくしたため、デッキリストを修正しなければならない。

 この違反には、シールド・プール交換前に他の参加者が行なう登録中の誤りは含まれない。その修正はジャッジの判断によって行なわれるべきである。

 

(A) レガシー・フォーマットのデッキリストに禁止カードである《Mana Drain》が含まれていた。

(B) デッキリストが56枚分しか登録されていなかった。そのプレイヤーのデッキは実際には60枚で、リストにない4枚の《払拭》が入っていた。

(C) 《龍語りのサルカン》と《揺るぎないサルカン》の両方が使用可能な大会で、デッキリストに「サルカン」とだけ登録されていた。

(D) カードを紛失し、同名のカードを用意できなかったため、リスト通りのデッキを使うことができなくなった。

(E) 《復讐のアジャニ》と登録したプレイヤーが、《不撓のアジャニ》を使用していた。

理念

 

 デッキリストは、デッキがそのトーナメントの間同一であることを保証するために用いられる。

ジャッジや他のスタッフは、イベント開始前にプレイヤーに対して、適正なデッキリストを提出し、適正なデッキでプレイするよう心がけさせるべきである。

イベントでの対戦が始まった以降にデッキリストを修正したプレイヤーは、通常、【ゲームの敗北】を受ける。

 デッキチェック中に見つかったデッキリストの誤りは、即座に与えられる。

それ以外のデッキリストの問題に関する懲罰は、その次のラウンドの開始時に与えられる。これによって、現在行なわれているゲームへの影響を最小限にし、懲罰を適用できるようになるよりも早くにマッチを終わらせたプレイヤーがいる場合にも公平性を保つことが出来るようになる。

 デッキリストに曖昧または不明瞭な名前で書かれている場合、プレイヤーは発見されるまでそのカードを入れ替えることが可能になってしまう危険性がある。

ストーリー上のキャラクター(伝説のパーマネントやプレインズウォーカー)については、そのフォーマットにおいて該当するキャラクターが1種類である場合のみ名前だけでそれを指すものとして認められる。そのキャラクター名で始まる他のカードがフォーマットに存在したとしても関係ない。

 ヘッドジャッジは、そのプレイヤーがデッキリストに書いたものが完全で正確なカード名でなくても明白で確定できると確信したなら、この懲罰を科さなくてもよい。リミテッドの大会では、ヘッドジャッジは基本土地の記録が正確でなくても明確であると確信したなら、この懲罰を科さなくてもよい。これはデッキリストに書かれたものだけに基づいて判断するべきであり、プレイヤーの意図やデッキの実際の内容に基づいてはならない。確認のためにデッキをチェックする必要がある場合、その記述は明白ではない。

追加措置

 

 デッキリストに不適正なカードが含まれている場合、そのカードを取り除く。

 その後、デッキリストをそのプレイヤーが実際に使用しているデッキにあわせて修正する。

(サイドボードの枚数が多すぎる、あるいは同一のカードが5枚以上含まれている等によって)デッキ/サイドボードとデッキリストの両方がカードの枚数制限を超えている場合、デッキリストの下から順にカードを取り除く。

 最後に、デッキに含まれるカードの枚数が下限に満たない場合、プレイヤーは(《荒地》や氷雪でない)望む基本土地を下限になるように加え、デッキリストをその通りに修正する。

この変更は、後になくしたカードの代わりを見つけた場合には懲罰なしで元に戻すことができる。