IPG 3.6 イベント上の誤り ─ リミテッド手順抵触行為

懲罰:【警告】

定義:

 プレイヤがドラフト中に技術上の誤りを犯した場合、この違反になる。

例:

(A) 右隣に渡すべきブスタを左隣に渡した。

(B) ドラフトのピックに認められる以上の時間を費やした。

(C) 一旦自分の束の上に置いたカドをもう一度した。

理念:

 ドラフト中の誤りは混の元であり、即座に付かなければさらなる混を引き起こす。

 〔イベント上の誤り ─ リミテッド手順抵〕にする追加の懲罰について、ドラフト前に告知されたり、形式に対応したイベント規定に定められていたりする場合がある。