Join the Magic Online Closed Beta!

Hi Judges! The Magic Online team came searching around my desk for brains the other day. I offered them a but they weren’t having it! They said they needed some brains inside living to be for the Magic Online Beta. If you’re interested or have questions, enter the Door to Nothingness the Beta here! Happy Gaming, Sara Mox Read more [...]

Read more.

New Regional Coordinator: USA – Southeast

After an expedited yet thorough process, we are now glad to announce the new Regional Coordinator of USA - Southeast region, : We wish to thank long time RC of the region, for all his contributions and service to the region. New RC, Nicolette, will start as Regional Coordinator counting on the support and experience of old RC during the transition. , as the process lead, wishes to thank all the panelists who put focus and dedication to this process during pre-holiday season: It Read more [...]

Read more.

魔法風雲會社群中的騷擾行為與裁判的應對

這篇文章因應近來魔法風雲會社群的若干起引人矚目的騷擾事件而作,它既是回應,也希望能夠成為裁判在處理各自社群中的類似問題時可參考的行動方案。無論線上線下,這種騷擾行為已持續相當一段時間,我們對此深感痛心。裁判社群能夠,同時也應該在應對和阻止騷擾行為上做的更好。 這篇文章即是裁判社群如何看待騷擾行為和惡劣舉止的一個陳述,同時也是對改進裁判自身和裁判社群的行動的呼籲。 裁判和玩家能夠,同時也應該做得更好 裁判計劃拒絕仇恨行為,裁判計劃拒絕騷擾行為。很多裁判在他們的牌店和本地社群中具有正面的影響力。這些裁判反對仇恨行為和騷擾行為,同時也在他們的本地社群中做為正面的社群管理者。 然而,裁判社群這一整體通常不會在較大的魔法風雲會社群當中出面反對騷擾、仇恨、厭女、種族主義、恐跨、恐同及其他類似錯誤行為。我們需要做的更好,讓這些錯誤的行為保留在我們所愛以及幫助管理的社群中實際是在喪失對社群的掌控。同時也將社群的掌控交給了騷擾和欺負他人的人手中。 我們裁判的偉大格言之一是:「每個人都會犯錯誤。很多人會因為別人的錯誤而指責他們。我們希望裁判能站出來並接手處理自己犯下的錯誤。」 目前的情勢仍屬於我們可以接手處理的範疇。,我們需要來更好地使用我們擁有對抗騷擾者的工具。 裁判與比賽內的騷擾行為 魔法風雲會比賽規則 Read more [...]

Read more.

万智牌社群中的骚扰行为与裁判的应对

这篇文章因应近来万智牌社群的若干起引人瞩目的骚扰事件而作,它既是回应,也希望能够成为裁判在处理各自社群中的类似问题时可参考的行动方案。无论线上线下,这种骚扰行为已持续相当一段时间,我们对此深感痛心。裁判社群能够,同时也应该在应对和阻止骚扰行为上做的更好。 这篇文章即是裁判社群如何看待骚扰行为和恶劣举止的一个陈述,同时也是对改进裁判自身和裁判社群的行动的呼吁。 裁判和牌手能够,同时也应该做得更好 裁判计划拒绝仇恨行为,裁判计划拒绝骚扰行为。很多裁判在他们的牌店和本地社群中具有正面的影响力。这些裁判反对仇恨行为和骚扰行为,同时也在他们的本地社群中做为正面的社群管理者。 然而,裁判社群这一整体通常不会在较大的万智牌社群当中出面反对骚扰、仇恨、厌女、种族主义、恐跨、恐同及其他类似错误行为。我们需要做的更好,让这些错误的行为保留在我们所爱以及帮助管理的社群中实际是在丧失对社群的掌控。同时也将社群的掌控交给了骚扰和欺负他人的人手中。 我们裁判的伟大格言之一是:“每个人都会犯错误。很多人会因为别人的错误而指责他们。我们希望裁判能站出来并接手处理自己犯下的错误。” 目前的情势仍属于我们可以接手处理的范畴。,我们需要来更好地使用我们拥有对抗骚扰者的工具。 裁判与比赛内的骚扰行为 万智牌比赛规则 Read more [...]

Read more.

マジックのコミュニティにおけるハラスメントと、どのようにジャッジが対処するかについて

この記事は、マジックのコミュニティで目立った嫌がらせが複数発生したことに起因して発表しています。この記事ではそうした出来事への応答をすることと、ジャッジらへ自身のコミュニティーで起こる問題に対応するためのアクションプランを与えようとしています。嫌がらせという事柄はオンラインでも対面でも長い期間発生していることで、私たちはそれに深く悩まされています。ジャッジのコミュニティにも嫌がらせを防止することや、嫌がらせを対処することができると考えています。 この手紙は、嫌がらせや害のある行為についてジャッジのコミュニティが何を信念としているかに関する声明であり、また自分自身やマジックのコミュニティの改善に向けて行動を呼び起こす声明です。 ジャッジであれプレイヤーであれ より良くあることができる、あるべきである 憎悪はジャッジプログラムの拒否するものです。嫌がらせはジャッジプログラムの拒否するものです。たくさんのジャッジが店や地元のあつまりといったコミュニティへ有益な影響を与えています。ジャッジは憎悪や嫌がらせに反対し、自身の属するコミュニティを良い方向へ導く役割を果たしています。 しかしながら広範なジャッジコミュニティ全体として常には、嫌がらせ、憎悪、差別、人種主義、性的マイノリティへの恐怖症、その他多くの間違いについて絶えず発言してきたわけではありませんでした。いま私たちはより良くある必要があります。愛すべきコミュニティを存続させるためにも、ここに記すことをしていくことでコミュニティの主導権は良い方向へ導こうとする者たちの側にあると支持していくことができます。そして嫌がらせやいじめをする者に影響を与えることができるようになります。 間違っている事に対して誠実に向き合い主導権を担い対応していくことが大切です。ジャッジの教訓の一つ「過ちは誰しもが犯すはずですが、犯した過ちの理由として他の事を責めることはせずに、自身の過ちと向き合い自らが主導権を保ち改善しましょう。」に通じるところです。現在起こっている嫌がらせの問題は、私たちにも主導権を担うことができるものです。私たちには、嫌がらせへ対抗するためのツールがあり、それらをより有効に活用する必要があります。 イベント内での嫌がらせに対するジャッジの役割 マジックイベント規定 Read more [...]

Read more.