IPG 1.4 巻き戻し

この文書の中で、ジャッジにしの可能性を考慮してもよいという記載が存在する。

 

プレイヤが手に入れうる、プレイヤの行動に影響をえうる情報が存在するため、しは最終手段として扱われ、ゲムをそのままにけさせるのがはっきりい解決であるという況においてのみ適用される。

 

よいしとは、得られた情報が何も影響を及ぼさず、プレイの流れがわらない(訂正された誤りを除く)ものである。言い換えると、しは選の幅が最少である況に限る。

 

 ヘッドジャッジだけがしを許可できる。大規模なイベントにおいては、ヘッドジャッジはその限をチムリに委してもよい。

 

 しをする場合、誤りの行われた時点以降の各理は、もっとも後に行われたものから逆順にされる。すべての理はされなければならず、一連の行動のうち一部を無視したり順番をえたりすることは認められない。

 

理をす中でカドがどれであるかプレイヤのいずれか1人にでも判っていないものがあった場合(引いたカドなどがその典型である)、あり得る候補の中から無作のカドが選ばれる。

 

切り直しをす場合、しの最後に、そのライブラリの中の無作の部分を1回切り直すことでしたものとする。誤りの行われた後で一人のプレイヤが適正に知ったカドは、無作としては扱わず、切り直しの後で該する場所にされることになる。

 

 無作あるいは未知の要素を含むし、中でも引いたカドがわってしまうことになるような況をもたらしかねない場合には、特に注意深く取り扱われるべきである。例えば、プレイヤがライブラリを切り直す能力を使える況で、カドをライブラリすことは、極一部の特例を除いては行うべきではない。

 措置の中で純なしが行われることがある。純なしとは、最後に行われた(あるいは現在行われつつある)理をすことであり、それによって所定の措置のうち他の部分を可能にするものである。

 

 

純なしには、無作の要素が含まれるべきではない。