IPG 2.2 ゲーム上の誤り ─ 過剰なカードを見た

懲罰:【警告】

 

定義:

 デッキに含まれるカドの表面を見うる行動を、適正な利のないままにとった。

 

 

 この懲罰は、複のカドが一連の行動によって見られた場合にも1回だけ適用する。

 

 

例:

(A) 対戦相手のライブラリをシャッフルしている間に、事故で(落としたりいたりして)カドを公開してしまった。

(B) ライブラリからカドを引く際に、その次のカドまで引き出してしまった。

(C) 対戦相手にデッキを渡す際に、自分のデッキの一番下のカドを見てしまった。

 

 

理念:

 過なカドを見てしまうことはよくあることである。この違反は、手を滑らせたりルルを誤ったりして、プレイヤが見るべきでないデッキのカドを見てしまったという況を扱う。

ドは、それが他のカド群にれるまでの間、ライブラリー内のカドとして扱われる。それらのカドが他のカド群と合わさった場合、〔非公開カドにする誤り〕や〔その他一般のゲムルル抵〕となる。

 プレイヤは、この懲罰を「追加のシャッフル」あるいは引きたくないカドをライブラリの中にすための方法として扱ってはならない。そのような行は〔非紳士的行 ― 故意の違反〕である。

また、この懲罰を延行のために用いることも許すべきではない。

ライブラリに無作化されているので、公開されたカドをライブラリの中に混ぜ入れるためにそれほどの時間を認めるべきではない。

 

追加措置:

 プレイヤは、それまで未知であったカドすべてをデッキの無作化されている部分に加えて切り直す。その後、知のカドをそれらの正しい位置に置く。