IPG 3.5 イベント上の誤り ― デッキの誤り

懲罰: – 【警告】

 【警告】

定義:

 

 プレイヤーが実際に使用しているデッキまたはサイドボードが、登録されたデッキリストと整合しておらず、プレイヤーが意図していたのはデッキリストのものである。

 サイドボードと一緒にそのプレイヤーのデッキでプレイされうる他のカードが置かれている場合、そのカードが以下のどれかでない限り、サイドボードの一部として扱う。

そのイベントで配られたプロモカード

デッキ内のチェックリスト・カードと一致する両面カード

デッキ内のカードの第2面である両面カード。これらのカードは、メインデッキやサイドボードと同じスリーブに入っていてはならない。

 異なるスリーブに入っているカード、トークン、チェックリスト・カードを使っている場合の両面カードは、(サイドボードではなく)デッキが適正かどうかを判断する上では無視する。

 プレイヤーが本来メインデッキにあるべきカード(か、その同名カード)を用意できない場合、それは〔デッキリストの誤り〕として扱う。サイドボードのカードが失われていた場合、そう記録するが、懲罰は与えない。

例:

(A) プレイヤーのデッキに60枚以上必要なところ、59枚しか含まれていなかった。ただし、彼のデッキリストには正しく60枚記されていた。

(B) 前の対戦相手の《平和な心》がデッキに混じっていた。デッキリストには適正なデッキが記されていた。

(C) マッチの第1ゲームにおいて、サイドボードにしか登録されていない《真髄の針》がメインデッキに含まれていた。

 

理念:

 

 プレイヤーはデッキの誤りを即座に報告するべきであり、また誤りのあるカードがデッキ内にあったことによって有利を得る余地があってはならない。

 

 

 デッキの誤りとして最も一般的な例は、サイドボードの戻し忘れとカードが別のデッキに交じることである。これらから有利を得ることは、明白な〔故意の違反〕でなければ難しい。それらのカードを実際に使用される前に取り除ければ、この誤りを埋め合わせることは十分可能である。

 

 

但し、メインデッキに入っている特定のカードが多すぎる、という誤りは発見することがより困難であるため、懲罰を格上げすることになる。

 

 

 この誤りによって【ゲームの敗北】が与えられる可能性があることは、故意の悪用を減らすために必要である。その時点を過ぎると、対戦相手はそのデッキが適正であると同意している。ジャッジがこれらの違反について調査するにあたっては、悪用の可能性に充分留意すべきである。

 

 

追加措置:

 

 (本来使用できるタイミングでないサイドボードのカードを含む)不適正なカードをすべてデッキから取り除く。デッキから失われているカードをデッキの無作為の部分に加えて切り直す

 

 

第2ゲーム以降で、それらのカードがサイドボードと一緒にあった場合は、そのサイドボード全体からその枚数のカードを無作為に選び、デッキに加えて切り直す。

 

 

最初の手札を引いている最中にこの違反が見つかった場合、プレイヤーにマリガンをさせる。そうでない場合、手札を含むいかなるカード群(例えば占術中、これから引こうとしていたなどのカード群)にも、取り除いた不適正なカードの代わりのカードは加えられない。

 紛失したカードが現在または過去の対戦相手のデッキに含まれていた場合、両プレイヤーに対して懲罰を与える。

 

 

格上げ:

 

 対戦相手にゲーム開始時のシャッフルのためにデッキを提示している間に、デッキやサイドボードが不適正であると発覚し、紛失したカードが対戦相手のデッキに含まれていなかった場合、【ゲームの敗北】に格上げされる。

 

 

格上げ:

 

 デッキや手札にある不適正なカードが対戦相手の目に触れた(例えば公開されたり墓地に置かれたりした)か、またはデッキチェックでジャッジによって発見された場合、【ゲームの敗北】に格上げされる。この格上げは、そのカードが対戦相手の目に触れる結果をもたらすような効果をもたらすオブジェクトがスタック上にあるときにオーナーがジャッジを呼んだ場合でも、依然として適用される。

 

 

格上げ:

 

 登録されたよりも多い枚数がデッキに含まれており、それがゲーム開始後に見つかった場合、そのカードのすべてがライブラリーの無作為の部分にある場合を除き【ゲームの敗北】に格上げされる。例えば、デッキリスト上では《ショック》がメインデッキに2枚・サイドボードに2枚と登録されているときに、3枚がメインデッキに含まれていたような場合にこの格上げが適用される。