IPG 3.7 イベント上の誤り ─ 意思疎通規定抵触行為

懲罰:【警告】

定義:

プレイヤが、マジックイベント規定の4.1節に定められた意思疎通規定に抵した。この違反はこのポリシの違反にのみ適用され、一般の意思疎通上の混に適用されるものではない。

例:

(A) 手札にあるカドの枚を聞かれて「3」と答えたが、際には4枚持っていたことにあとで付いた。

(B) そのタンに土地をプレイしていないと言ったが、それはなる記憶違いだった。

理念:

明瞭な意思疎通はマジックをプレイする上の基本である。多くの反則は故意であるが、なる勘違いによることがないわけではないので、それには罰は望ましくない。

意思疎通規定の全文はマジックイベント規定の第4.1節に記載されている。その略は以下の通り。

*プレイヤは、ジャッジからの全ての質問には、情報の種類を問わず、完全に答えなければならない。プレイヤは答える前にマッチから離れることを求めても良い。

*プレイヤは、類推情報や共有情報を不正確に示してはならない。

*プレイヤは、共有情報にする質問には完全に答えなければならない。

追加措置:

 プレイヤが、対戦相手からえられた不正確な情報に基づいて行動していることが明確である場合、しを考慮してもよい。しは問題のあった意思疎通のあった時点までではなく、行動した時点まで行なう。