IPG 4.8 非紳士的行為 ― 故意の違反

懲罰:【失格】

定義:

 イベント連文書で定められた規則を破ったり、イベントスタッフにをついたり、あるいは、自分(やチムメイト)のマッチでの違反にづいたにもかかわらずそれに注意しなかったりした。

 また、以下の件をたしていない場合、〔故意の違反〕にはならない。

  • そのプレイヤが自分の行動で有利を得ようとしている。
  • そのプレイヤが自分が不正なことをしていると認識している。

 どちらかの件でもたしていなければ、その違反は〔故意の違反〕ではなく、他の違反で取り扱われる。

 〔故意の違反〕は一見すると〔ゲム上の誤り〕や〔イベント上の誤り〕になるので、意や認識を確認するためにジャッジによる調査が必要である。

例:

(A) プレイヤが、対戦相手に無で記入みの結果報告用紙を改竄した。

(B) 自分の主張をめるため、ゲム中に何が起こったかについてイベントスタッフにをついた。

(C) 対戦相手のクリチャが致死ダメジを受けていないにもかかわらず、対戦相手がそれを墓地に置くことを放置した。

(D) 対戦相手が《饗宴と飢餓の》の誘型能力の半分だけを解決したことに付いた上で、その誤りを指摘しなかった。

(E) ドラフト中に、他のプレイヤのピックを覗き見た。

(F) シルドデッキのカルにカドを加えた。

(G) 過なカドを引いてしまったことに付いたが、懲罰を受けるのを避けるためにジャッジを呼ばなかった。