2.13 ビデオ・カバレージ

ルール適用度が競技ないしプロの大会の中には、マッチの生中継や録画放送のために動画を用いるものがある。プレイヤーは、カメラに撮られることを拒否することができるが、ルール適用度がプロの大会の決勝ラウンドのマッチに残っているプレイヤーは拒否することが認められない。

 

 

ビデオ・コメンテーターは、イベント上観客として扱われるが、中継対象のプレイヤーに聞こえない限りにおいてマッチ中に話すことが認められている。彼らはカバレージの間、イベント 関係者全てに対して敬意を払う責任がある。

 

 

観客はまた、控えめであればマッチの記録を取ることも認められている。

 

 

世界選手権、ミシックチャンピオンシップ(テーブルトップ)のヘッドジャッジは、その裁量によって、マッチ中に裁定を出すためにビデオ・リプレイを用いてもよい。ビデオ・リプレイを用いてよい大会は、世界選手権、ミシックチャンピオンシップ(テーブルトップ)だけである。プレイヤーはジャッジにビデオ・リプレイを参照するように求めることはできない。ビデオ・リプレイは、後の調査のために用いられることもある。