MTR 2.4 ゲームまたはマッチの、投了またはID(同意による引き分け)

ゲームやマッチが終わっていない限り、プレイヤーは投了したり、双方の合意の元でそのゲームやマッチを引き分けにしたりすることができる

マッチは、結果登録用紙が記入されたか、登録用紙を使っていない場合にはプレイヤーのいずれかがテーブルを離れたときに終了したものとして扱う。

その瞬間までは、マッチ内のゲームに勝っていたプレイヤーであっても相手に投了することができる。1本でも勝っていた場合、マッチの結果は2-1となる。1ゲームもプレイせずに同意による引き分けにした場合、0-0-3とするか、Wizards Event Reporter (WER)の「引き分け」(0-0)ボタンによって報告する。

謝礼の類と引き替えに、投了したり引き分けに同意したりしてはならない。それらの行為は〔買収行為〕となる(5.2節参照)。

プレイヤーがプレイしようとしない場合、そのプレイヤーはそのマッチを投了したものとして扱う。