3.4 代用カード

代用カードは、その問題がなければ適正なマジックのカードが区別のつかない状態でデッキに入れられなくなった場合に、それらのカードを代わりに示すために用いられる。代用カードが発行されるためには、次のいずれかの場合に該当しなければならない。

 

・元のカードが、イベント中に偶然に傷ついたりひどく摩耗したり、またリミテッドで提供された物品が傷ついていたり印刷ミスがあったりした。カードのオーナー本人の故意や過失による場合には、代用カードは発行されない。

・元のカードが箔押しであり、それに箔押しでない版が存在しない。

 

 

プレイヤーは代用カードを作ってはならず、ヘッドジャッジだけが発行できる。ジャッジが代用カードを作った場合、そのカードは一目で代用カードだと分かるように記された上で、プレイヤーのデッキに入れられる。マッチの間、元のカードは近くに保持され、公開領域にあって区別できる間は代用カードと交換される。代用カードは、その発行されたイベントの間だけ有効である。