MTR 4.1 プレイヤーの意思疎通

プレイヤー間の意思疎通は、仮想のオブジェクトや非公開の情報を含むゲームのプレイを行なうための根本である。ブラフはゲームの一側面ではあるが、プレイヤーが発言その他の方法で示すときにしてよいこととしてはならないことにはっきりと線引きをしておく必要がある。これは、紳士的かつトーナメント・プレイヤーに求められることを明確に示す。

 

プレイヤーは「ゲームのルールによって与えられる選択肢をよく理解していること」「現在の局面にある相互作用によく気付くこと」「よい戦術的計画」によって有利を得るべきである。プレイヤーはゲームの進行中に対戦相手を助ける必要はない。

 

状況によらず、プレイヤーは礼儀正しく敬意をもって対戦相手に接することが求められている。そうしない場合、〔非紳士的行為〕の懲罰を受けることになりうる。

 

ゲーム内の情報は、「共有情報/Free Information」「類推情報/Derived Information」「秘匿情報/Private Information」の3つに分類される。

共有情報は、全てのプレイヤーが、対戦相手の妨害や省略なしにこの情報を得る権利がある情報である。共有情報を提示するように対戦相手に求めて得られなかった場合、ジャッジを呼んで状況を説明するべきである。

 

共有情報には以下のものがある。

 

– 現在のゲームの行動や、現在のゲームの局面に影響を及ぼしている過去のゲームの行動

– 見えているオブジェクトの名前

– 公開領域にあるカウンターの種類

– オブジェクトがどのような物理的状態であるか(タップ状態、反転状態、ついているかどうか、フェイズ・イン/アウト、変身状態)、どの領域にあるか

– プレイヤーのライフ総量、毒カウンターの数、現在のマッチのゲーム・ポイント

– 各プレイヤーのマナ・プールの内容

– 現在のステップ、フェイズ、またどちらのプレイヤーがアクティブ・プレイヤーであるか

 

類推情報は、全てのプレイヤーに与えられる情報であるが、それを求めるために対戦相手に助力しなくてもよい、求めるためにいくらかの技能や計算が必要なものである。

類推情報には以下のものがある。

– ある領域に存在するオブジェクトの数

– 公開領域に存在するオブジェクトの特性の内、共有情報として指定されていないもの

– ゲーム・ルールやイベント規定、オラクルその他の現在のイベントに適用される公式情報。カードはオラクルの文章が印刷されているものとして扱う。

 

秘匿情報は、プレイヤーが現在視認できるゲームの局面や過去のゲームの行動に関する記憶から求めることだけが認められている情報である。

共有情報でも類推情報でもない情報は、全て秘匿情報となる。

 

意思疎通に関する規則は以下のとおり。

– ジャッジによる質問に対しては、プレイヤーは情報の区分に関らず、必ず(正確に、完全に)答えなければならないが、対戦相手に聞こえないようにテーブルを離れてから答えてもよい。

– プレイヤーは共有情報や類推情報に関して、不正確、不適当あるいはウソを伝えてはならない。

– プレイヤーは共有情報に関して、完全に、誠実に答えなければならない。

– ルール適用度が一般のイベントにおいては、類推情報は共有情報として扱う。

ジャッジは、プレイヤーが共有情報を決定することを助けるべきである。ただし、ゲームの局面に関する類推情報を求めることに協力してはならない。