MTR 7.2 リミテッドのイベントでのカードの使用

カードはスタッフから直接受け取らなければならず、未開封新品でなければならない。プロツアーやグランプリにおいては、開封され、捺印されているブースターが使われる場合がある。大会に参加する各プレイヤー(あるいはチーム)が受け取る物品は完全に同数同種でなくてはならない。たとえば、ドラフトに参加するあるプレイヤーに『マジック・オリジン』のブースターが3つ配られた場合、他のプレイヤー全員にも『マジック・オリジン』のブースター3つが配られなければならない。

開かれたブースターのエキスパンションに含まれるカード(そしてそのプレイヤーのカード・プールで開封され、あるいはピックされたカード)だけがそのプレイヤーのデッキで使ってもよいカードである。この例外は以下の通り。

– プレイヤーは、《平地》《島》《沼》《山》《森》という名前のカードを自分のデッキやサイドボードに何枚でも加えてよい。冠雪基本土地(《冠雪の森》など)や《荒地》は、それらを使用できるフォーマットであっても追加できない。

– 『ドラゴンの迷路』のブースターから出た、『ラヴニカへの回帰』や『ギルド門侵犯』の基本でない土地

– 『運命再編』のブースターから出た、『タルキール覇王譚』の基本でない土地

– 『戦乱のゼンディカー』や『ゲートウォッチの誓い』のブースターの『Zendikar Expeditions』から出た基本でない土地

– 開封されたブースターから出た、そのブースターと関連したMasterpiece Seriesのカード

プレリリース・イベントではさらなる例外が認められることがある。これについてはプレリリース情報で告知される。

プレイヤーは、ジャッジの許可の元でカードを同名のカードに交換することができる。

『コンスピラシー』は多人数戦専用にデザインされたものなので、『コンスピラシー』のブースターをリミテッド(シールド・デッキ、ブースター・ドラフトとも)の認定公式戦イベントで使用することはできない。

個人戦のシールド・デッキのイベントでは1人あたりブースター6個を、ブースター・ドラフトやチーム戦のロチェスタードラフトのイベントでは1人あたりブースター3個を使用することが推奨されている。現在の発売状況に合わせた物品の推奨される組み合わせ方については、付録Dを参照。

イベント主催者がプレイヤーによる物品の提供を認めた場合、その物品は他の物品とひとまとまりにされた上で、無作為に配られなければならない。

イベント主催者が追加の土地・カードを提供しない場合、参加登録前にそう告知しなければならない。イベント主催者が求めた場合、プレイヤーは、イベントからの棄権時あるいはイベント終了時にそれらの土地・カードを返さなければならない。プレイヤーは自分の持参した基本土地を使用してもよい。

プレイヤーは、デッキ構築中に好きな数の基本土地・カードをデッキに加えてもよい。適正に使えるフォーマットであっても、氷雪土地・カード(《冠雪の森/Snow-Covered Forest》など)を加えることはできない。