マジックのコミュニティにおけるハラスメントと、どのようにジャッジが対処するかについて

この記事は、マジックのコミュニティで目立った嫌がらせが複数発生したことに起因して発表しています。この記事ではそうした出来事への応答をすることと、ジャッジらへ自身のコミュニティーで起こる問題に対応するためのアクションプランを与えようとしています。嫌がらせという事柄はオンラインでも対面でも長い期間発生していることで、私たちはそれに深く悩まされています。ジャッジのコミュニティにも嫌がらせを防止することや、嫌がらせを対処することができると考えています。 この手紙は、嫌がらせや害のある行為についてジャッジのコミュニティが何を信念としているかに関する声明であり、また自分自身やマジックのコミュニティの改善に向けて行動を呼び起こす声明です。 ジャッジであれプレイヤーであれ より良くあることができる、あるべきである 憎悪はジャッジプログラムの拒否するものです。嫌がらせはジャッジプログラムの拒否するものです。たくさんのジャッジが店や地元のあつまりといったコミュニティへ有益な影響を与えています。ジャッジは憎悪や嫌がらせに反対し、自身の属するコミュニティを良い方向へ導く役割を果たしています。 しかしながら広範なジャッジコミュニティ全体として常には、嫌がらせ、憎悪、差別、人種主義、性的マイノリティへの恐怖症、その他多くの間違いについて絶えず発言してきたわけではありませんでした。いま私たちはより良くある必要があります。愛すべきコミュニティを存続させるためにも、ここに記すことをしていくことでコミュニティの主導権は良い方向へ導こうとする者たちの側にあると支持していくことができます。そして嫌がらせやいじめをする者に影響を与えることができるようになります。 間違っている事に対して誠実に向き合い主導権を担い対応していくことが大切です。ジャッジの教訓の一つ「過ちは誰しもが犯すはずですが、犯した過ちの理由として他の事を責めることはせずに、自身の過ちと向き合い自らが主導権を保ち改善しましょう。」に通じるところです。現在起こっている嫌がらせの問題は、私たちにも主導権を担うことができるものです。私たちには、嫌がらせへ対抗するためのツールがあり、それらをより有効に活用する必要があります。 イベント内での嫌がらせに対するジャッジの役割 マジックイベント規定 Read more [...]

Read more.