ラヴニカにかかる血染めの月


 Abelはモダンの1KトーナメントでNeilと対戦しています。Abelはジャッジであるあなたを呼び、Abelの《血染めの月》が出ているのでNeilの《踏み鳴らされる地》は森ではないのに、それについているNeilの《楽園の拡散》を墓地に送るのを2人とも忘れていた。《血染めの月》を出したのは何ターンも前だ、と言いました。どうしますか。

Answer:


 最初にBernie Hoelschenが考えていた答えは、「これはAbelの〔その他一般のゲームルール抵触行為〕となります(《血染めの月》の解決時に、《楽園の拡散》のエンチャント先が森でなくなるので不適正となり、墓地に置かれるべきです)。一方、その違反を指摘しなかったNeilも〔違反の見逃し〕となります。《血染めの月》はまだ戦場にあるので、現時点でルール違反が起こっているため、《楽園の拡散》を墓地に置き、該当する罰を与えます(それまでに何もなければ、両者に【警告】です)。」でした。
 Bernieはこの修正についてこう認めています。《楽園の拡散》をNeilの墓地に置く必要があります。〔その他一般のゲームルール抵触行為〕では、領域移動忘れに対する部分的修復が認められています。この部分的修復をしなかったとしても、状況起因処理が適用されて《楽園の拡散》は墓地に置かれることになります。
 懲罰に関して、Max Tiedemannは両プレイヤーに〔その他一般のゲームルール抵触行為〕を与えるべきだと提案しています。《楽園の拡散》は不正な領域にあります。墓地にあるべきところ、戦場に存在しています。Abelは《血染めの月》を唱えて、Neilは山についている《楽園の拡散》を墓地に動かしませんでした。措置:《楽園の拡散》を適正な領域(墓地)に動かします。これは明らかにAbelの呪文が誤りの原因なので、Abelが〔その他一般のゲームルール抵触行為〕を犯しています。しかし、Neilに〔違反の見逃し〕を与えるべきか、それとも両プレイヤーに〔その他一般のゲームルール抵触行為〕を与えるべきかは議論があります。IPGはいくらか不明瞭で、もし両プレイヤーにこの誤りの責任があると考えたなら、両方に〔その他一般のゲームルール抵触行為〕を与えることができます。ここではNeilに〔違反の見逃し〕を与えるとしていますが、両方に〔その他一般のゲームルール抵触行為〕を与えることもありえるでしょう。