何の勇者?

 Patrickは、ルール適用度が競技で運営されているスタンダードの5kイベントで、《王神の贈り物》デッキを使っています。
 Patrickのデッキリストは以下の通りでした。

22 土地
4 氷河の城砦
2 敵意ある砂漠
2 イプヌの細流
3 灌漑農地
5 島
6 平地

14 クリーチャー
4 発明の天使
4 勇者
3 査問長官
3 聖なる猫

14 インスタントとソーサリー
4 航路の作成
1 燻蒸
2 選択
4 復元
3 巧みな軍略

10 その他の呪文
2 排斥
4 王神の贈り物
2 軍団の上陸
2 アズカンタの探索

サイドボード
1 賞罰の天使
3 選定された行進
1 領事の権限
1 冠毛の陽馬
2 博覧会場の警備員
1 燻蒸
2 イクサランの束縛
1 否認
2 残骸の漂着
1 領事の旗艦、スカイソブリン

 彼のリストとデッキは、彼が《機知の勇者》を4枚プレイしていて、その完全な名前がデッキリストに記録されていないということを除いては一致していました。
 どうすべきでしょうか。

Answer
Coming Soon!

 

Judges feel free to submit your answer here!

スリーブを不足させないこと!

 AmyはシールドPPTQの第1回戦、Neveと対戦するために座り、ラウンドが始まりました。Amyは自分のデッキに1枚カードが多いことに気づき、ジャッジを呼びました、彼女はちょうど40枚スリーブを持っていましたが、スリーブをつけているときに1枚カードが余ったのです。Amyはその過剰なカードが何かがわからなかったので、あなたはすぐにデッキリストを持ってきて確認したところ、デッキリストにはメインデッキに41枚登録されていました。Amyはスリーブの予備を持っておらず、既にラウンド開始から4分が経過しています。AmyとNeveを対戦させるためにどうすべきでしょうか。また、違反や懲罰は(あるなら)何が適用されますか。

Answer

 これは〔デッキリストの問題〕ではありません。Amyがプレイしようとしたデッキとデッキリストは一致しています。Amyは40枚でデッキを組もうとしていたかもしれませんが、彼女は物理的に41枚のデッキを組み、それをデッキリストにも書いています。違反も懲罰もありません。Amyは10分で妥当なスリーブを見つけるか、デッキのスリーブを外すか、その他プレイできるようにしなければなりません。ここで、このジャッジコールで既に数分費やしている上に、長い延長が与えられることになります。Amyがスリーブを付け直すのを助けるのは、このマッチを早く開始させるための素晴らしい手法だと言えるでしょう。

おおっとの神殿

 あなたがヘッドジャッジをつとめるモダンのPPTQで、AshtonはNaomiと対戦しています。Ashtonはそのターンの土地として《奔放の神殿》をプレイしました。Ashtonは自分のライブラリーの一番上のカードを見て、テーブルの上に裏向きで置きました。Ashtonは考えてからそのカードを手に取り、自分の手札に入れました。Naomiは即座にジャッジを呼びました。どうすべきでしょうか。

Answer

 これは〔非公開カードに関する誤り〕で、Ashtonは【警告】を受けます。Ashtonは手札に入れるべきではないカードを手札に入れてしまい、公開されている情報だけから修正することはできません。Ashtonは手札を公開し、Naomiがそこからカードを1枚選びます。Ashtonはそのカードを手札に入れる前から何だったかを知っているので、そのカードをAshtonのライブラリーの一番上に戻し、シャッフルはしません。

不在の先兵

 あなたは『イクサラン』シールドのPPTQでヘッドジャッジです。第2回戦の終わりに、あるプレイヤーが、床に落ちていた、誰のものかはわからない、と黒マットのスリーブに入った《アダントの先兵》を渡してきました。黒マットのスリーブを使っているプレイヤーは何十人もいます。カードが落ちていたというアナウンスをしても、誰も名乗りませんでした。

 第5回戦の間に、あなたはそのカードの所有者であるPeterを見つけました。Peterはこのカードが彼のものであると確認しましたが、それがなくなっていることに気づかなかったと言います。このカードはPeterのデッキリストの「使用枚数」の欄に記載されていました。Peterは現在第5回戦の第2ゲームの途中で、彼が現在使っているデッキは40枚でした。

Answer

 現在、マッチの第2ゲームなので、《アダントの先兵》は彼が開封した他のカードとともにサイドボードの一部として扱われるため、彼の提示したデッキで現在使われているわけではありません。つまり、現在のゲームについてはどの懲罰も課されません。
 しかし、彼が《アダントの先兵》を「使用枚数」の欄に記載していたので、入っていなければならないのに入れずにプレイしていたということがわかっている過去のゲームについて検討する必要があります。IPGによると、「プレイヤーが実際に使用しているデッキまたはサイドボードが、登録されたデッキリストと整合しておらず、プレイヤーが意図していたのはデッキリストのものである。」とあり、「使用していた」ものを参照していません。〔デッキの問題〕は、現在進行中のゲームで現在提示されたデッキにのみ適用されます。現時点では違反は存在しないので、懲罰は課されません。
 Peterの《アダントの先兵》を彼に返し、離席するときにはプレイエリアをチェックするように言いましょう。必要な延長時間を与え、プレイヤーにマッチを続けさせましょう。

不気味な思惑

 あなたが1人でジャッジしているモダンのPPTQで、ArielleとNiceが対戦しています。Arielleは《リリアナ・ヴェス》をコントロールしており、その-2能力を起動してカードを探し、見つけました。彼女は自分のライブラリーを切り直して、そのカードをその一番上に置きました。その後、Arielleは《不気味な腸卜師》で攻撃し、Nickは《タルモゴイフ》でブロックしました。戦闘ダメージに進み、両クリーチャーが死亡して、Arielleは「《不気味な腸卜師》のドローね」と言ってすぐにカードを1枚引きました。Niceは《不気味な腸卜師》を読み、カードは引けないと指摘してジャッジを呼びました。
 どうすべきでしょうか?

Answer
 Arielleに〔非公開カードに関する誤り〕で【警告】を与えます。Arielleは彼女の手札を公開し、Niceはその中からArielleのライブラリーの一番上に戻すカード1枚を選びます。両プレイヤーにカードを注意深く読むように指導しましょう。

湯の中に上陸

 PPTQのラウンド4のデッキチェックで、あなたがプレイヤーのデッキを裏向きに広げたところ、5枚が他のスリーブに比べて1~2ミリ程度短いことに気づきました。その5枚は《植物の聖域》《》《霊気拠点》《尖塔断の運河》《導路の召使い》でした。プレイヤーにスリーブをどうかけたか尋ねたところ、彼は、まずデッキをソートして、デッキリストを書いて、それからデッキを軽くシャッフルしてからスリーブをかけた、と言います。また、スリーブの枚数が足りなかったのでスリーブを2パック混ぜて使ったとも言いました。あなたはここに故意はないと判断しました。どうすべきでしょうか。

Answer
 プレイヤーに、〔区別できるカード〕による【ゲームの敗北】を与えます。他のカードと区別できる5枚全てが青マナを出せるカードです。これを知っていることでプレイヤーはかなりの有利を得る可能性があるので、懲罰は【ゲームの敗北】に格上げされます。

振り出しに戻る

 あなたがヘッドジャッジを務めているPPTQのスイス最終戦、残り時間12分の時点で、AllisonとNateがあなたを呼びました。彼らは現在第5ゲームで、このマッチを同意による引き分けにしたいけれども書き方がわからないと言います。何が起こっているのかと尋ねると、Allisonはこう答えました。
「ええと、俺たちは友達で、隣のテーブルが引き分けでなくてこっちが引き分けだと両方トップ8に残れるんです。それがわかっていたので、それぞれ1本取ってから、その次の2本は10ターンぐらいプレイしてIDで終わらせてました。隣のマッチが決着して片方が勝ったので、マッチもIDすることにしました。NateはIDは常に0-0-3だと言うんですけど、5ゲームやったんだからそれはおかしい気がします。どう書いたらいいですか?」
 このイベントでプレイしていた知り合いのジャッジに聞いたところ、見ていた限りこのテーブルのプレイはとても早かったけれど、隣のマッチが終わったときに突然引き分けにしたのだと言います。どうすべきでしょうか?

Answer
 違反はありません。
 Allisonに、最終的に3ゲームとそのマッチを引き分けにする前にそれぞれが1ゲーム勝っており、プレイしたゲームは全て報告されなければならないので、結果登録用紙にはそれぞれのプレイヤーの1勝と引き分け3つの1-1-3と記録すべきだと答えましょう。

切れやすい連鎖?

 レガシーのGPであなたが見ていたマッチで、Apolloのライフは3点で、その対戦相手のNeptuneのライフは5点でした。Apolloは《稲妻の連鎖》を唱え、彼の《》2つのうち1つをタップして、赤マナがいくつか使えるNeptuneを対象にしました。Neptuneは「解決して」と言って自分のライフを2点にしました。Apolloはあなたのほうを見て、数秒待ち、それからもう1枚の《稲妻の連鎖》をNeptuneを対象に唱えると宣言しました。どうすべきでしょうか?

Answer
Apolloはeptuneが{R}{R}を支払って《稲妻の連鎖》をコピーするという選択をしないことを確認しなかったことにより、〔意思疎通規定抵触行為〕になります。彼に【警告】を与え、Neptuneが{R}{R}を支払ってコピーを作るという選択ができる時点まで巻き戻します。

両方に利がある外部情報

 Aidanはビデオ・カバレージとテキスト・カバレージが行われている大型でルール適用度が競技のイベントのトップ8でNaaraaと対戦しています。デッキリストは事前にオンラインで公開されており、両プレイヤーともマッチの開始前に対戦相手のデッキリストを見ることができきました。第2ゲーム中に、他のマッチを見ていたあなたがそのテーブルに来ると、ゲーム進行中に両プレイヤーとも対戦相手のデッキリストを見ていました。聞いてみたところ、2人ともそれは問題ないと思っており、対戦相手がどうサイドボードしたかを調べたいのだと言いました。どうすべきでしょうか。

Answer

 AidanとNaaraaはどちらも外部情報を求め、得ています。デッキリストは実質的にサイドボードのメモの一部であり、彼らが得た情報はゲームとゲームの間には得られうるものなので、〔外部情報の参照〕の格下げが適用されます。両プレイヤーとも〔外部情報の参照〕による【ゲームの敗北】を受けますが、同時に与えられるので適用されません。そのマッチの第2ゲームは終わりになりますが、記録はされず、新しい第2ゲームが始まります。両プレイヤーにメモについて説明し、ゲーム進行中にはメモを参照できないということを理解させましょう。

同盟者じゃないギデオン

 AbelはスタンダードのPPTQでNickと対戦しています。Abelは4枚の《平地》をタップし、「《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》を唱えるよ」と宣言して手札にあったカードをテーブルに置きました。そして「騎士を出すよ」と言って2/2の騎士・同盟者・トークンを戦場に出し、「そっちのターンだよ」と言いました。Nickは自分のターンにカードを引いてから盤面を検討し、そして戦場にあるカードが《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》ではなく《試練に臨むギデオン》だったことに気づきました。2人はジャッジを呼び、ジャッジであるあなたは状況を確認した時にAbelの手札には実際に《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》があって、単に違うカードを置いてしまっただけだということがわかりました。
 どうすべきでしょうか。

answer

 Abelは〔その他一般のゲームルール抵触行為〕による【警告】を受け、Nickは〔違反の見逃し〕による【警告】を受けます。誤りの生じたところまでゲームを復元します。Nickの手札から無作為にカードを1枚選び、それを彼のライブラリーの一番上に置き、必要に応じて土地をタップさせ、騎士・トークンを取り除き、《試練に臨むギデオン》をAbelの手札に戻し、Abelの土地をアンタップさせましょう。