まとめておしまい

 AllieとNemoがシールド戦PPTQで対戦しており、あなたはフロアジャッジです。AllieはNemoを《迷宮の守護者》で攻撃しました。戦闘ダメージ・ステップに入る前に、Nemoはその《迷宮の守護者》を対象にして《最後の報賞》を唱え、「ダメージ前にその守護者を追放するよ」と言いました。Allieは《迷宮の守護者》を、自分の他の追放されているカードの上に置き、それから手札を見て、戦闘後にどのクリーチャーを唱えるか考えているようです。どうすべきでしょうか?

Answer

 AllieはNemoの《最後の報賞》の解決前に《迷宮の守護者》を生贄に捧げるのを忘れるという〔ゲーム上の誤り ― 誘発忘れ〕の違反を犯しています。《迷宮の守護者》の誘発型能力は一般的に有害と考えられるので、Allieはこの違反によって【警告】を受けます。ゲームを中断させて〔誘発忘れ〕であることを両プレイヤーに告げましょう。Nemoはその誘発型能力を即座にスタックに置くことを選べますが、その能力を解決しても何も起こりません。

ラスヌー忘れ

AnduinとNythendraが『カラデシュ』『霊気紛争』のシールドデッキPPTQで対戦しています。Anduinのターンに、彼は《ラスヌーのヘリオン》を唱え、Nythendraは対応しませんでした。Anduinは「エネルギー2点貰うね?」と言い、Nythendraは頷いて認めました。その後、Anduinは戦闘に入ることを宣言し、《ラスヌーのヘリオン》と《牙長獣の仔》で攻撃しました。Nythendraは「ブロックしません」と言い、両プレイヤーがライフ総量を変更しました。Anduinが「どうぞ」と言ったので、Nythendraはアンタップし、カードを引いてから「あっ、《牙長獣の仔》がダメージを与えたのにエネルギー増やしてませんね」と言いました。Anduinは「ああ、完全に忘れてた。《ラスヌーのヘリオン》の誘発型能力も忘れてるわ」と言いました。この時点でNythendraは手を挙げ、ジャッジを呼びました。どうすべきでしょうか。

Answer:

《牙長獣の仔》の誘発型能力については、〔誘発忘れ〕ではありますが、懲罰は与えられません。その誘発型能力をスタックに置くかどうか、Nythendraが選びます。
《ラスヌーのヘリオン》の誘発型能力については、「忘れてる」とAnduinが認めているのでこれも〔誘発忘れ〕になり、有害な能力なので【警告】が与えられます。選択しなかった場合の処理(生け贄に捧げる)が定められている誘発型能力なので、Nyehendraは「プレイヤーが次に優先権を得るときに生け贄に捧げる」「次のフェイズにプレイヤーが優先権を得るときに生け贄に捧げる」「そのまま残す」のどれかを選び、Anduinに処理させることになります。
(訳注:回答がなかったので自作しました)