飲みすぎ

ArcadesはNebuchadnezzarと対戦していて、第2ゲーム中です。両プレイヤーが初期手札を7枚引き、Arcadesは即座にキープを宣言しました。マリガンをどうするか考えている間に、Nebuchadnezzarはサイドボードで入れようと思っていたカードを入れ忘れていたことに気づきました。ジャッジが調査したところ、Nebucadnezzarのデッキには55枚しかなく、サイドボードには20枚ありました。55枚のデッキにはメインデッキのカードしか入っておらず、メインデッキの残り5枚はサイドボードと一緒にありました。  どうすべきでしょうか。

Read more.

混乱するコピーの困りごと

あなたの地元のMCQで、AlexがNickyと対戦しています。Alexは《》を自分の墓地から唱え、Nickyはそれに対応して《》の《発展》側を唱えました。Alexはその《発展》を打ち消そうと《》を唱えましたが、Nickyも打ち消し呪文を構えていて《》を唱えました。両プレイヤーがすべてを解決しましたが、Alexは《》を自分の墓地に置きました。混乱の中で、Nickyは自分の分の《》から正しくカードを引きましたが、Alexは引くのを忘れていました。Nickyのターンに入って、土地を出して、《》を唱えました。その時点で、両プレイヤーはAlexの手札が2枚足りないことと、《》は追放されているべきだということに気づき、ジャッジを呼びました。

Read more.

全員乗艦!

 シールドのPPTQで、AmieとNylaが対戦しています。Amieは《》を唱え、Nylaは何もせず解決させました。Amieは「6枚見ます」と言い、即座にライブラリーの一番上から6枚のカードを取って見始めました。Nylaはジャッジを呼びました。  どうすべきでしょうか。

Read more.

僧院の速達

モダンのPPTQの第3回戦で、ArgusはNeferianと対戦しています。Neferianはマリガンし、6枚でキープして占術したカードをトップに置きました。Argusはゲームの第1ターンを始め、《》をプレイしてから《》を唱えて攻撃しました。Neferianは、Argusが《》をプレイしたのだと思いこんでデッキの一番上のカードをめくりました。Argusは即座にジャッジを呼び、状況を説明しました。どうすべきでしょうか。 Judges

Read more.

広がりゆく時間

モダンのPPTQで、AjitとNikoが対戦しています。AjitはNikoの《》を対象に、《》を唱え、「誘発してカードを引くよ」と言いました。NikoはAjitを止め、白マナ1点を出してから《》の解決を認めました。Ajitは少し考えてから「戦闘に入っていい?」と言いました。Nikoは《》1つをタップしてAjitの《》を対象に《》を唱え、プレイヤーたちはそれぞれカードを墓地に置きました。その後で、Nikoはジャッジを呼び、「Ajitが《》の誘発を忘れました」と言いました。どうすべきでしょうか。

Read more.

あなたの権威は破棄された

モダンのPPTQでAdamとNadineが対戦しています。Adamは「まず《》して、それから《》を唱えるよ」と言って2枚のカードをテーブルの上に出しました。Nadineは対応せず、Adamが見たNadineの手札は《》、《》、2枚の《》でした。Adamは「じゃあ遺産を抜いて、墨蛾を指定するよ」と言いました。3ターン後、Nadineは《》をプレイしてその+1能力を起動し、両プレイヤーがカードを1枚捨てました。Adamは別の《》を捨てましたが、この時に土地・カードを指定することはできないことに気づき、ジャッジを呼びました。どうすべきでしょうか。

Read more.

古典的腹心的腹心

 AnkerとNiteがモダンのPPTQで対戦しています。Ankerは《》をコントロールしています。彼はアンタップし、彼のクリーチャーを指差して「腹心の誘発」と言ってカードを引きました。Ankerは続けて「このターンのドローしていいか?」と言いました。Niteはジャッジを呼び、Ankerが《》の誘発で得たカードを公開せずに手札に入れたと説明しました。どうすべきでしょうか。

Read more.

2つのデッキの使い分け

 AbagailはシールドのPPTQに参加しています。彼女はマッチの第1ゲームのために着席し、スリーブのかかったカードおよそ40枚の束をデッキボックスから取り出し、シャッフルして対戦相手に提示しました。自分の初期手札を引いている間に、彼女は即座にジャッジを呼び、これはサイドボードだと説明しました。彼女は素早くサイドボードができるように何組かのカードにスリーブをかけてあって、間違った束を取ってしまったと言います。どうすべきでしょうか。

Read more.

再スタックと再契約

 ArthurとNeilはモダンのPPTQで対戦しています。Arthurのターンの終わりに、Neilはマナを全て出して《》を唱えました。Arthurはそれに対応して《》を唱え、Neilはさらに対応して《》を唱えました。Arthurは少し考えてから、《》を唱えました。  Neilは少し待って、「そんな……」と言い、自分の呪文を自分の墓地に置きました。Arthurも同様にします。  Neilはアンタップし、彼のターンのドローをしました。  Arthurは「契約払ってないよ」と言います。  Neilは答えて「《》したろ」と答えました。 「いや、俺が《》したのは《》だよ」 「ジャッジ!」  どうすべきでしょうか?

Read more.

いよいよド(ムリ)タンバ

 AugustはモダンのPPTQでNovemberと対戦しています。最終マッチの第3ゲームです。Novemberはクリーチャーを数体コントロールしており、手札は0枚で、ライフは1点で、タップアウトしています。Augustは土地を8枚コントロールしており、手札は3枚あってライフは1点です。Augustは《》を唱え、+1能力を起動し、自分のライブラリーの一番上のカードをちょっと見て、そのままそれを手札に入れました。Novemberは止めようとしましたが、間に合いませんでした。両プレイヤーは即座にジャッジを呼びました。Augustの手札は《》が2枚と《》1枚でした。どうすべきでしょうか。

Read more.