そう急ぐなよモンストロサウルス君!

 Amesは『イクサラン』のシールドPPTQでNettyと対戦しています。Amesが第5ターンにアンタップした時点で、Nettyはタップアウトしていました。Amesはカードを引き、そして即座に片手で土地を4枚タップすると、もう一方の手で土地1枚と《》を両方タップ状態で出して「攻撃、5点」と言いました。Nettyは「5点ね」と答えました。ライフ総量を書き換えていると、NettyはAmesが出した土地が《》であることに気づき、ジャッジを呼びました。Amesに尋ねたところ、時間を節約するために素早くプレイしていて、手札にあったカードを間違えてしまった。別の土地をプレイしたつもりだったと言います。確かめてみると、Amesの手札には3枚の《》がありました。  どうすべきでしょうか。

Read more.

同盟者じゃないギデオン

 AbelはスタンダードのPPTQでNickと対戦しています。Abelは4枚の《》をタップし、「《》を唱えるよ」と宣言して手札にあったカードをテーブルに置きました。そして「騎士を出すよ」と言って2/2の騎士・同盟者・トークンを戦場に出し、「そっちのターンだよ」と言いました。Nickは自分のターンにカードを引いてから盤面を検討し、そして戦場にあるカードが《》ではなく《》だったことに気づきました。2人はジャッジを呼び、ジャッジであるあなたは状況を確認した時にAbelの手札には実際に《》があって、単に違うカードを置いてしまっただけだということがわかりました。  どうすべきでしょうか。

Read more.

再び灰色熊とともに

 Andyはルール適用度が競技のレガシーのイベントでNoleと対戦していて、変異1体と《》をコントロールしています。Andyの攻撃クリーチャー指定ステップ中に、Noleは《》を《》を対象に唱えました。Andyは対応して《》の変異コストを支払い、表向きにしました。Andyは《》を墓地に置き、「ドロー誘発」と言いました。Noleは対応して《》を唱え、クリーチャー2体を戦場に出しました。《》の解決後、Andyはターンを終えましたが、Noleは自分のドロー・ステップにAndyがカードを引き忘れていたことに気づきジャッジを呼びました。どうすべきでしょうか?

Read more.

闇の中の光

 モダンのPPTQでAtariがNintendoと対戦しています。Atariの第1ターンに、Atariは《》をプレイし、ターンを終えました。Nintendoは《》と《》をプレイし、両プレイヤーがそれぞれ自分のライブラリーの一番上のカードを公開してからパスしました。Nintendoの終了ステップに、Atariは《》を自身を対象にして唱え、それが解決されて、自分のライブラリーの一番上からカードを3枚墓地に置き、そしてライブラリーの一番上になったカードを公開して、それからそのカードを引こうとしました。引いている間に、Nintendoは状況に気づき、Atariを止めてジャッジを呼びました。  どうすべきでしょうか?

Read more.

調査が1つ、呪文が2つ、土地が赤くてカードが青い

 ルール適用度が競技で運営されているレガシー・オープンで、Amonは2点のライフを支払ってNikkiを対象に《》を唱え、Nikkiはそれに対応して《》を唱えました。Amonは《》を対象に《》を唱え、Nikkiは対応して《》を手札に戻し、《》を唱えて、戦場にはNikkiのパーマネントがなくなりました。Nikkiが《》を解決するときにAmonが「どうぞ」と言ったので、Nikkiはアンタップし、ターンのドローをしました。その時点で、Amonは《》が解決されていないことに気づき、ジャッジを呼びました。どうすべきでしょうか。

Read more.

誰も審問を疑わない

 あなたはモダンのPPTQのヘッドジャッジです。Andreaは自分の第1ターンに《》をプレイし、その後で《》を唱えました。Naomiの公開した手札は、《》3枚、《》2枚、《》2枚でした。AndreaはNaomiの手札にあったカードすべてを書き留め、書き終わってから「ターン終了」と言いました。Naomiは手札を戻して、ターンのドローを行ない、《》をプレイして、《》を唱えました。この時点で、AndreaはNaomiの手札から捨てさせるカードを選んでいなかったことに気づき、ジャッジを呼びました。どうすべきでしょうか。

Read more.

我が過去の罪

 モダンのグランプリ2日目に、AdrianとNatalieが対戦しています。Adrianは2枚目の土地をプレイし、《》を唱えました。Natalieはそれを認めてから、Adrianのターンの終了時に自分の唯一の土地をタップして《》を対象に《》を唱えました。Adrianはうなずき、《》を墓地に置きました。Natalieがアンタップしてターンのドローをしたところで、Adrianは《》によってコストが上がっているので、Natalieが《》を唱えることはできなかったはずだと指摘しました。彼らはジャッジを呼び、Adrianは昨日同じ誤りで2回ペナルティを受けていることを伝えてきました。どうすべきでしょうか?

Read more.

間違ったミミックの昔

 スタンダードのPPTQで対戦しているAlbertとNadegeがジャッジを呼びました。Nadege曰く、Albertが前のターン、第2ターンに《》をプレイしました。その次のNadegeのターンに、Nadegeは土地をプレイし、ターンを終えました。そしてこのターン、Albertは《》をプレイし、Nadegeはその解決を認めました。Albertは《》の上に+1/+1カウンターを置こうとし、その理由を尋ねたNadegeに対して《》を指差しました。そこで両プレイヤーが、Albertがクリーチャー・タイウを宣言していなかったことに気づきました。どうすべきでしょうか?

Read more.

本当にこれの拝借?

AndreaはスタンダードのPPTQでNickと対戦しています。Andreaは昂揚を達成した状態で、《》3枚をタップし、ニックを対象にして《》を唱えました。Nickはそれを解決させて手札を公開しました。Andreaは《》を選び、Nickの手札の内容をメモしてからライブラリーの中を探し始めました。ライブラリーから抜き終わった後、AndreaはNickのライブラリーと手札をまとめてしゃっふりし始めました。Nickは慌てて「何してるんだ? ジャッジ!」  どうすべきでしょうか?

Read more.

口からまっすぐ

 モダンのPPTQで、あなたはヘッドジャッジです。Alexがマッチ中にあなたを呼びました。彼のターン中に《》で攻撃したところ、Nathanが《》を《》を対象に起動し、それに対応してALexは《》を4で唱えて、4点のライフを得てカードを4枚引いて、少し考えてから《》を墓地に置き、その後で《》をプレイしてターンを終えました。現在はその次のターンで、Nathanが、《》を墓地に置かないままでドロー・ステップのカードを引いたところです。あなたは、Alexがすぐに《》で対応したために、Nathanは生け贄に捧げることを忘れたのだと判断しました。  どうすべきでしょうか?

Read more.