そう急ぐなよモンストロサウルス君!

 Amesは『イクサラン』のシールドPPTQでNettyと対戦しています。Amesが第5ターンにアンタップした時点で、Nettyはタップアウトしていました。Amesはカードを引き、そして即座に片手で土地を4枚タップすると、もう一方の手で土地1枚と《突進するモンストロサウルス》を両方タップ状態で出して「攻撃、5点」と言いました。Nettyは「5点ね」と答えました。ライフ総量を書き換えていると、NettyはAmesが出した土地が《採石場》であることに気づき、ジャッジを呼びました。Amesに尋ねたところ、時間を節約するために素早くプレイしていて、手札にあったカードを間違えてしまった。別の土地をプレイしたつもりだったと言います。確かめてみると、Amesの手札には3枚の《》がありました。
 どうすべきでしょうか。

Answer
これは〔ゲームルール抵触行為〕です。誤りの起こった時点まで巻き戻す必要があります。ここでの誤りは、タップ状態で戦場に出るはずの土地をアンタップ状態で戦場に出したことです。戦闘ダメージが実際に記録されているならそれを取り消し、《突進するモンストロサウルス》と《採石場》をAmesの手札に戻し、Amesの土地4枚をアンタップさせます。Amesは〔ゲームルール抵触行為〕による【警告】を受けます。Nettyは〔違反の見逃し〕による【警告】を受けます。

同盟者じゃないギデオン

 AbelはスタンダードのPPTQでNickと対戦しています。Abelは4枚の《平地》をタップし、「《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》を唱えるよ」と宣言して手札にあったカードをテーブルに置きました。そして「騎士を出すよ」と言って2/2の騎士・同盟者・トークンを戦場に出し、「そっちのターンだよ」と言いました。Nickは自分のターンにカードを引いてから盤面を検討し、そして戦場にあるカードが《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》ではなく《試練に臨むギデオン》だったことに気づきました。2人はジャッジを呼び、ジャッジであるあなたは状況を確認した時にAbelの手札には実際に《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》があって、単に違うカードを置いてしまっただけだということがわかりました。
 どうすべきでしょうか。

answer

 Abelは〔その他一般のゲームルール抵触行為〕による【警告】を受け、Nickは〔違反の見逃し〕による【警告】を受けます。誤りの生じたところまでゲームを復元します。Nickの手札から無作為にカードを1枚選び、それを彼のライブラリーの一番上に置き、必要に応じて土地をタップさせ、騎士・トークンを取り除き、《試練に臨むギデオン》をAbelの手札に戻し、Abelの土地をアンタップさせましょう。

再び灰色熊とともに

 Andyはルール適用度が競技のレガシーのイベントでNoleと対戦していて、変異1体と《灰色熊》をコントロールしています。Andyの攻撃クリーチャー指定ステップ中に、Noleは《残忍な切断》を《灰色熊》を対象に唱えました。Andyは対応して《不気味な腸卜師》の変異コストを支払い、表向きにしました。Andyは《灰色熊》を墓地に置き、「ドロー誘発」と言いました。Noleは対応して《集合した中隊》を唱え、クリーチャー2体を戦場に出しました。《集合した中隊》の解決後、Andyはターンを終えましたが、Noleは自分のドロー・ステップにAndyがカードを引き忘れていたことに気づきジャッジを呼びました。どうすべきでしょうか?

Answer

 Andyは「ドロー誘発」と言ったことで誘発を示していたので、〔誘発忘れ〕にはなりませんが、その誘発を正しく解決しなかったことで〔その他一般のゲームルール抵触行為〕になります。Andyは〔その他一般のゲームルール抵触行為〕による【警告】を受け、Noleは〔違反の見逃し〕による【警告】を受けます。〔その他一般のゲームルール抵触行為〕に認められた部分的修復としてAndyにそのカードを即座に引かせましょう。

闇の中の光

 モダンのPPTQでAtariがNintendoと対戦しています。Atariの第1ターンに、Atariは《》をプレイし、ターンを終えました。Nintendoは《ダークスティールの城塞》と《洞察のランタン》をプレイし、両プレイヤーがそれぞれ自分のライブラリーの一番上のカードを公開してからパスしました。Nintendoの終了ステップに、Atariは《思考掃き》を自身を対象にして唱え、それが解決されて、自分のライブラリーの一番上からカードを3枚墓地に置き、そしてライブラリーの一番上になったカードを公開して、それからそのカードを引こうとしました。引いている間に、Nintendoは状況に気づき、Atariを止めてジャッジを呼びました。
 どうすべきでしょうか?

Answer

 Atariは〔その他一般のゲームルール抵触行為〕によって【警告】を受けます。彼女は《思考掃き》で1枚多く墓地に置きました。カードは全て公開されているので、一番上のカードを引きかけたことは違反にはなりません。
 Atariの墓地に置かれた3枚目のカードをAtariの手札に入れ、Atariが引きかけていたカードをライブラリーの一番上に戻し、そしてゲームを続けさせましょう。

調査が1つ、呪文が2つ、土地が赤くてカードが青い

 ルール適用度が競技で運営されているレガシー・オープンで、Amonは2点のライフを支払ってNikkiを対象に《ギタクシア派の調査》を唱え、Nikkiはそれに対応して《渦まく知識》を唱えました。Amonは《渦まく知識》を対象に《対抗呪文》を唱え、Nikkiは対応して《Volcanic Island》を手札に戻し、《目くらまし》を唱えて、戦場にはNikkiのパーマネントがなくなりました。Nikkiが《渦まく知識》を解決するときにAmonが「どうぞ」と言ったので、Nikkiはアンタップし、ターンのドローをしました。その時点で、Amonは《ギタクシア派の調査》が解決されていないことに気づき、ジャッジを呼びました。どうすべきでしょうか。

Answer

 Amonは〔その他一般のゲームルール違反〕による【警告】を、Nikkiは〔違反の見逃し〕による【警告】を受けます。《ギタクシア派の調査》だけがスタックにある状態にまでゲームの巻き戻しを行ないます。Nikkiのドロー・ステップの巻き戻し中に無作為のカードを選ぶとき、《Volcanic Island》を例外とはしません。これは《渦まく知識》で戻された可能性があるからです。

誰も審問を疑わない

 あなたはモダンのPPTQのヘッドジャッジです。Andreaは自分の第1ターンに《》をプレイし、その後で《コジレックの審問》を唱えました。Naomiの公開した手札は、《平地》3枚、《流刑への道》2枚、《スレイベンの検査官》2枚でした。AndreaはNaomiの手札にあったカードすべてを書き留め、書き終わってから「ターン終了」と言いました。Naomiは手札を戻して、ターンのドローを行ない、《平地》をプレイして、《スレイベンの検査官》を唱えました。この時点で、AndreaはNaomiの手札から捨てさせるカードを選んでいなかったことに気づき、ジャッジを呼びました。どうすべきでしょうか。

Answer

 Andreaは〔その他一般のゲームルール抵触行為〕によって【警告】を受け、Naomiは〔違反の見逃し〕によって【警告】を受けます。《平地》と《スレイベンの検査官》はどちらも《コジレックの審問》の効果によってAndreaに知られているカードであり、他に何も起こっていないので、巻き戻しが妥当です。巻き戻しの処理として、《スレイベンの検査官》と《平地》をNaomiの手札に戻し、それからNaomiがこのターンに引いたカードである、Andreaの書き留めたNaomiの手札にないカードを、Naomiのライブラリーの一番上に置きます。最後に、《コジレックの審問》をスタックに戻し、Naomiの手札をもう一度公開させて、Naomiに捨てさせるカードをAndreaに選ばせます。

我が過去の罪

 モダンのグランプリ2日目に、AdrianとNatalieが対戦しています。Adrianは2枚目の土地をプレイし、《スレイベンの守護者、サリア》を唱えました。Natalieはそれを認めてから、Adrianのターンの終了時に自分の唯一の土地をタップして《スレイベンの守護者、サリア》を対象に《致命的な一押し》を唱えました。Adrianはうなずき、《スレイベンの守護者、サリア》を墓地に置きました。Natalieがアンタップしてターンのドローをしたところで、Adrianは《スレイベンの守護者、サリア》によってコストが上がっているので、Natalieが《致命的な一押し》を唱えることはできなかったはずだと指摘しました。彼らはジャッジを呼び、Adrianは昨日同じ誤りで2回ペナルティを受けていることを伝えてきました。どうすべきでしょうか?

Answer

 Natalieは〔ゲーム上の誤り ― その他一般のゲームルール抵触行為〕により【警告】を受け、Adrianは〔ゲーム上の誤り ― 違反の見逃し〕により【警告】を受けます。〔違反の見逃し〕は3回めの【警告】でも格上げにはなりませんし、複数日のイベントでは日をまたいで格上げになることはありません。両プレイヤーにこのことを知らせ、Adrianが誠実だったことを褒めるべきです。ゲームは《致命的な一押し》が唱えられる直前まで巻き戻します。その際、Natalieの手札から無作為に選んでそれをライブラリーの一番上に置き、《致命的な一押し》を手札に戻し、Adrianのターン終了ステップに戻し、土地をアンタップ状態にします。

間違ったミミックの昔

 スタンダードのPPTQで対戦しているAlbertとNadegeがジャッジを呼びました。Nadege曰く、Albertが前のターン、第2ターンに《金属ミミック》をプレイしました。その次のNadegeのターンに、Nadegeは土地をプレイし、ターンを終えました。そしてこのターン、Albertは《模範操縦士、デパラ》をプレイし、Nadegeはその解決を認めました。Albertは《模範操縦士、デパラ》の上に+1/+1カウンターを置こうとし、その理由を尋ねたNadegeに対して《金属ミミック》を指差しました。そこで両プレイヤーが、Albertがクリーチャー・タイウを宣言していなかったことに気づきました。どうすべきでしょうか?

Answer

 Albertは〔ゲーム上の誤り ― その他一般のゲームルール抵触行為〕によって【警告】を受け、Nagedeは〔ゲーム上の誤り ― 違反の見逃し〕によって【警告】を受けます。常在型能力を忘れていた場合に即座に選択を決めるのは〔その他一般のゲームルール抵触行為〕において許容される措置なので、Albertはその選択を行ないます。この選択に加え、《模範操縦士、デパラ》が解決されてカウンターを得ていないので、単純な巻き戻しを行ないます。《模範操縦士、デパラ》がスタックにあったところまでゲームを巻き戻し、Albertに《金属ミミック》の選択を行わせ、Nadegeに優先権を与えます。Nadegeが何もしなければ、《模範操縦士、デパラ》が解決されてカウンターを得ることになります。

本当にこれの拝借?

AndreaはスタンダードのPPTQでNickと対戦しています。Andreaは昂揚を達成した状態で、《》3枚をタップし、ニックを対象にして《知恵の拝借》を唱えました。Nickはそれを解決させて手札を公開しました。Andreaは《霊気池の驚異》を選び、Nickの手札の内容をメモしてからライブラリーの中を探し始めました。ライブラリーから抜き終わった後、AndreaはNickのライブラリーと手札をまとめてしゃっふりし始めました。Nickは慌てて「何してるんだ? ジャッジ!」
 どうすべきでしょうか?

Answer

 Andreaは〔その他一般のゲームルール抵触行為〕による【警告】を受けます。メモされている手札が正しいことを確認してから、Nickのライブラリーからそれらのカードを戻し、それをNickの手札にします。その後、Nickに自分のライブラリーを切り直させます。

口からまっすぐ

 モダンのPPTQで、あなたはヘッドジャッジです。Alexがマッチ中にあなたを呼びました。彼のターン中に《天界の列柱》で攻撃したところ、Nathanが《ロノムの口》を《天界の列柱》を対象に起動し、それに対応してALexは《スフィンクスの啓示》を4で唱えて、4点のライフを得てカードを4枚引いて、少し考えてから《天界の列柱》を墓地に置き、その後で《》をプレイしてターンを終えました。現在はその次のターンで、Nathanが、《ロノムの口》を墓地に置かないままでドロー・ステップのカードを引いたところです。あなたは、Alexがすぐに《スフィンクスの啓示》で対応したために、Nathanは生け贄に捧げることを忘れたのだと判断しました。
 どうすべきでしょうか?

answer

 Nathanは〔その他一般のゲームルール抵触行為〕により【警告】を受け、Alexは〔違反の見逃し〕による【警告】を受けます。この場合、巻き戻しは非常に混乱を招くので、複雑な巻き戻しを考える必要はありません。部分的な修正として、《ロノムの口》をAlexの墓地に置きます。