そう急ぐなよモンストロサウルス君!

 Amesは『イクサラン』のシールドPPTQでNettyと対戦しています。Amesが第5ターンにアンタップした時点で、Nettyはタップアウトしていました。Amesはカードを引き、そして即座に片手で土地を4枚タップすると、もう一方の手で土地1枚と《突進するモンストロサウルス》を両方タップ状態で出して「攻撃、5点」と言いました。Nettyは「5点ね」と答えました。ライフ総量を書き換えていると、NettyはAmesが出した土地が《採石場》であることに気づき、ジャッジを呼びました。Amesに尋ねたところ、時間を節約するために素早くプレイしていて、手札にあったカードを間違えてしまった。別の土地をプレイしたつもりだったと言います。確かめてみると、Amesの手札には3枚の《》がありました。
 どうすべきでしょうか。

Answer
これは〔ゲームルール抵触行為〕です。誤りの起こった時点まで巻き戻す必要があります。ここでの誤りは、タップ状態で戦場に出るはずの土地をアンタップ状態で戦場に出したことです。戦闘ダメージが実際に記録されているならそれを取り消し、《突進するモンストロサウルス》と《採石場》をAmesの手札に戻し、Amesの土地4枚をアンタップさせます。Amesは〔ゲームルール抵触行為〕による【警告】を受けます。Nettyは〔違反の見逃し〕による【警告】を受けます。

ママ見てよ、手札ないよ!

 Anyaはグランプリの1日目でNatalieと対戦しています。マッチの第2ゲームで、Anyaは自分の《墓所破り》の1つ目の能力を起動し、カードを1枚捨てて「ゾンビを出します」と言いました。そしてデッキケースとして使っている『破滅の刻』バンドルの箱の中からゾンビ・トークンを探しましたが、すぐに見つけることができず、箱の中身をすべて取り出してテーブルに置きました。ようやくゾンビ・トークンを見つけ、それを戦場に置いて、出したものを箱の中に片付けてゲームに戻ろうとしました。そこでAnyaとNatalieは、同時に、Anyaの手札にあった4枚のカードがなくなっていることに気づき、ジャッジを呼びました。呼ばれたジャッジであるあなたは、Anyaのデッキケースの中に19枚のカードがあることに気づきました。上から8枚、トークンを挟んで残り11枚という並びです。
 調査の結果、盤面とターン数から、Anyaの手札が4枚であったことは確実です。
 どうすべきでしょうか。

Answer

 Anyaは〔非公開カードに関する誤り〕による【警告】を受けます。過剰なカードをサイドボードに入れていて、この行動は公開情報を用いて訂正することができません。NatalieはAnyaのデッキケースの中にあった19枚を見て、そのうち4枚を選んでAnyaの手札にします。

ほにゃららの誓い

AndrewはスタンダードのPPTQでNadineと対戦しています。Andrewのターンに、彼は、手に《ニッサの誓い》を持って「誓い?」と言いながら《森》をタップしました。Nadineはそれを解決させ、Andrewはカードを3枚引き、《島》と《森》を捨てました。Andrewはこの時点で誘発型能力の解決を誤ったことに気づき、ジャッジを呼びました。Andrewは、《ジェイスの誓い》をプレイしているつもりだったというのです。どうすべきでしょうか。
Answer:

Andrewは〔非公開カードに関する誤り〕で【警告】を受けます。根本の問題は、カード3枚をカード群(彼の手札)に加えたことです。捨てたカード2枚をAndrewの手札に戻し、Andrewの手札をNadineに公開させて、Nadineがその中から選んだ3枚を《ニッサの誓い》のカード群とします。その後、Andrewに《ニッサの誓い》の誘発型能力の処理を続けさせます。