古典的腹心的腹心

 AnkerとNiteがモダンのPPTQで対戦しています。Ankerは《闇の腹心》をコントロールしています。彼はアンタップし、彼のクリーチャーを指差して「腹心の誘発」と言ってカードを引きました。Ankerは続けて「このターンのドローしていいか?」と言いました。Niteはジャッジを呼び、Ankerが《闇の腹心》の誘発で得たカードを公開せずに手札に入れたと説明しました。どうすべきでしょうか。

Answer
これは典型的な〔ゲーム上の誤り ― 非公開カードに関する誤り〕です。NiteはAnkerの手札を見て、その中の1枚をAnkerのライブラリーの一番上に戻すカードとして選びます。その後、《闇の腹心》の誘発型能力が正しく処理されます。Ankerは〔ゲーム上の誤り ― 非公開カードに関する誤り〕による【警告】を受けます。

おおっとの神殿

 あなたがヘッドジャッジをつとめるモダンのPPTQで、AshtonはNaomiと対戦しています。Ashtonはそのターンの土地として《奔放の神殿》をプレイしました。Ashtonは自分のライブラリーの一番上のカードを見て、テーブルの上に裏向きで置きました。Ashtonは考えてからそのカードを手に取り、自分の手札に入れました。Naomiは即座にジャッジを呼びました。どうすべきでしょうか。

Answer

 これは〔非公開カードに関する誤り〕で、Ashtonは【警告】を受けます。Ashtonは手札に入れるべきではないカードを手札に入れてしまい、公開されている情報だけから修正することはできません。Ashtonは手札を公開し、Naomiがそこからカードを1枚選びます。Ashtonはそのカードを手札に入れる前から何だったかを知っているので、そのカードをAshtonのライブラリーの一番上に戻し、シャッフルはしません。

不気味な思惑

 あなたが1人でジャッジしているモダンのPPTQで、ArielleとNiceが対戦しています。Arielleは《リリアナ・ヴェス》をコントロールしており、その-2能力を起動してカードを探し、見つけました。彼女は自分のライブラリーを切り直して、そのカードをその一番上に置きました。その後、Arielleは《不気味な腸卜師》で攻撃し、Nickは《タルモゴイフ》でブロックしました。戦闘ダメージに進み、両クリーチャーが死亡して、Arielleは「《不気味な腸卜師》のドローね」と言ってすぐにカードを1枚引きました。Niceは《不気味な腸卜師》を読み、カードは引けないと指摘してジャッジを呼びました。
 どうすべきでしょうか?

Answer
 Arielleに〔非公開カードに関する誤り〕で【警告】を与えます。Arielleは彼女の手札を公開し、Niceはその中からArielleのライブラリーの一番上に戻すカード1枚を選びます。両プレイヤーにカードを注意深く読むように指導しましょう。

いよいよド(ムリ)タンバ

 AugustはモダンのPPTQでNovemberと対戦しています。最終マッチの第3ゲームです。Novemberはクリーチャーを数体コントロールしており、手札は0枚で、ライフは1点で、タップアウトしています。Augustは土地を8枚コントロールしており、手札は3枚あってライフは1点です。Augustは《ドムリ・ラーデ》を唱え、+1能力を起動し、自分のライブラリーの一番上のカードをちょっと見て、そのままそれを手札に入れました。Novemberは止めようとしましたが、間に合いませんでした。両プレイヤーは即座にジャッジを呼びました。Augustの手札は《》が2枚と《ケルドの匪賊》1枚でした。どうすべきでしょうか。

Answer

 Augustは〔非公開カードに関する誤り〕による【警告】を受けます。Augustは手札をNovemberに公開します。Novemberはカードを1枚選び、それをAugustのライブラリーの一番上に戻します。その後、Augustはもう一度処理をし、カードを公開することができます。Novemberがライブラリーに戻すカードとして《》を選んだ場合、そこに残ることになるでしょう。

ママ見てよ、手札ないよ!

 Anyaはグランプリの1日目でNatalieと対戦しています。マッチの第2ゲームで、Anyaは自分の《墓所破り》の1つ目の能力を起動し、カードを1枚捨てて「ゾンビを出します」と言いました。そしてデッキケースとして使っている『破滅の刻』バンドルの箱の中からゾンビ・トークンを探しましたが、すぐに見つけることができず、箱の中身をすべて取り出してテーブルに置きました。ようやくゾンビ・トークンを見つけ、それを戦場に置いて、出したものを箱の中に片付けてゲームに戻ろうとしました。そこでAnyaとNatalieは、同時に、Anyaの手札にあった4枚のカードがなくなっていることに気づき、ジャッジを呼びました。呼ばれたジャッジであるあなたは、Anyaのデッキケースの中に19枚のカードがあることに気づきました。上から8枚、トークンを挟んで残り11枚という並びです。
 調査の結果、盤面とターン数から、Anyaの手札が4枚であったことは確実です。
 どうすべきでしょうか。

Answer

 Anyaは〔非公開カードに関する誤り〕による【警告】を受けます。過剰なカードをサイドボードに入れていて、この行動は公開情報を用いて訂正することができません。NatalieはAnyaのデッキケースの中にあった19枚を見て、そのうち4枚を選んでAnyaの手札にします。

墓所破りの話

AntoineとNancyはスタンダードのグランプリで対戦しています。Antoineはアンタップ状態の《墓所破り》を3体コントロールしており、そのうち1体と沼2枚をタップしてカードを1枚引き、自分の記録用紙のライフを1点減らしました。NancyはAntoineを止め、間違いを指摘しました。Antoineは「うわ! カードを引くつもりだったけど違う能力起動してた。土地じゃなくてゾンビをあと2体タップしたつもりだったんだ。ジャッジ!」
どうするべきでしょうか?

Answer

Antoineは〔非公開カードに関する誤り〕により【警告】を受けます。この誤りを解消するため、Antoineは手札をNancyに公開し、NancyはそこからAntoineのライブラリーの無作為の部分に戻すカードを1枚選びます。Antineは《墓所破り》と沼2枚をアンタップし、プレイを再開します。

霊気のキセキ!

 あなたはモダンのPPTQのヘッドジャッジで、AceとNinoが対戦しています。このターンの開始時に、Aceはアンタップし、カウンターを1個《霊気の薬瓶》の上に置いて、ライブラリーの一番上のカードを手にとって見ました。少し考えてから、Aceはそのカードを裏向きで《霊気の薬瓶》の横に置きました。考え終わってから、Aceは新しくライブラリーの一番上のカードを手に取り、それを手札に加えました。Ninoは即座にジャッジを呼び、状況を説明しました。
 どうすべきでしょうか?

Answer

 Aceは〔非公開カードに関する誤り〕による【警告】を受けます。Aceに、《霊気の薬瓶》のそばにあるもの以外の手札を公開させます。Ninoにその中から1枚選ばせ、それを過剰なカードとしてAceのライブラリーの未知の部分に混ぜ入れます。

ほにゃららの誓い

AndrewはスタンダードのPPTQでNadineと対戦しています。Andrewのターンに、彼は、手に《ニッサの誓い》を持って「誓い?」と言いながら《森》をタップしました。Nadineはそれを解決させ、Andrewはカードを3枚引き、《島》と《森》を捨てました。Andrewはこの時点で誘発型能力の解決を誤ったことに気づき、ジャッジを呼びました。Andrewは、《ジェイスの誓い》をプレイしているつもりだったというのです。どうすべきでしょうか。
Answer:

Andrewは〔非公開カードに関する誤り〕で【警告】を受けます。根本の問題は、カード3枚をカード群(彼の手札)に加えたことです。捨てたカード2枚をAndrewの手札に戻し、Andrewの手札をNadineに公開させて、Nadineがその中から選んだ3枚を《ニッサの誓い》のカード群とします。その後、Andrewに《ニッサの誓い》の誘発型能力の処理を続けさせます。


思い切りおかしな横断


 Amieeは競技のスタンダードの大会でNicoと対戦しています。Aimeeは《ウルヴェンワルド横断》を唱え、カードを1枚探し、それを手札に加えました。Nicoはそのカードを公開しなかったと指摘し、ジャッジを呼びました。この時点で、Aimeeは昂揚を達成していないことに気が付き、ジャッジとして来たあなたに探したカードは実際には探せなかったはずだと言いました。Aimeeの手札には、基本土地・カードは1枚もありません。どうすべきですか。

Answer:


 Aimeeは〔非公開カードに関する誤り〕による【警告】を受けます。Aimeeは手札を公開し、Nicoはそこから彼女が探したカードとして1枚を選びます。そのカードは基本土地ではないので、それを過剰なカードとしてAimeeのライブラリーに混ぜ入れます。その後、Aimeeに《ウルヴェンワルド横断》を正しく解決させ、基本土地・カードを探させます。

発信者に返送すること

 AlexanderとNeenaはPPTQで対戦しています。Alexanderは《密輸人の回転翼機》を2体と他のクリーチャーを2体コントロールしています。両方の《密輸人の回転翼機》を搭乗し、それらでNeenaを攻撃しました。Alexanderは自分の攻撃クリーチャーを指し、「2枚引いて2枚捨てる」と言い、ライブラリーから2枚カードを取り、Neenaが指摘する間も与えずに手札に加えました。Neenaはジャッジを呼びました。ジャッジはどうすべきでしょうか。

Answer:

 マジック違反処置指針の2.3節、〔ゲーム上の誤り ― 非公開カードに関する誤り〕から引用します。

 この誤りによってカードが適正な時期よりも早くカード群に含まれ、そのカード群のカードを含む他の処理を先にしなければならなかった場合、そのプレイヤーは過剰なカードを含むカード群を公開し、その対戦相手はそれまで未知だったカードを必要な枚数選ぶ。それらのカードを、それらのカードが適正に追加されるべき時点まで脇に置き、それからそのカード群に戻す。

 この場合、カード群とはAlexanderの手札のことで、《密輸人の回転翼機》の誘発型能力で引いた2枚目のカードは「適正な時期よりも早く」含まれたカードです。この誤りを措置するために、Alexaanderは手札を公開し、NeenaはAlexanderが1つ目の《密輸人の回転翼機》の誘発型能力で捨てることのできないカードを1枚選びます。ジャッジはそのカードを脇に置き、Alexanderに1つ目の誘発型能力の処理を終わらせてからそのカードをAlexanderの手札に戻し、それから2つ目の誘発型能力でカードを1枚捨てさせます。Neenaは気づき得る最初の時点で誤りを指摘したので、〔違反の見逃し〕にはなりません。