全員乗艦!

 シールドのPPTQで、AmieとNylaが対戦しています。Amieは《》を唱え、Nylaは何もせず解決させました。Amieは「6枚見ます」と言い、即座にライブラリーの一番上から6枚のカードを取って見始めました。Nylaはジャッジを呼びました。  どうすべきでしょうか。

Read more.

そう急ぐなよモンストロサウルス君!

 Amesは『イクサラン』のシールドPPTQでNettyと対戦しています。Amesが第5ターンにアンタップした時点で、Nettyはタップアウトしていました。Amesはカードを引き、そして即座に片手で土地を4枚タップすると、もう一方の手で土地1枚と《》を両方タップ状態で出して「攻撃、5点」と言いました。Nettyは「5点ね」と答えました。ライフ総量を書き換えていると、NettyはAmesが出した土地が《》であることに気づき、ジャッジを呼びました。Amesに尋ねたところ、時間を節約するために素早くプレイしていて、手札にあったカードを間違えてしまった。別の土地をプレイしたつもりだったと言います。確かめてみると、Amesの手札には3枚の《》がありました。  どうすべきでしょうか。

Read more.

古典的腹心的腹心

 AnkerとNiteがモダンのPPTQで対戦しています。Ankerは《》をコントロールしています。彼はアンタップし、彼のクリーチャーを指差して「腹心の誘発」と言ってカードを引きました。Ankerは続けて「このターンのドローしていいか?」と言いました。Niteはジャッジを呼び、Ankerが《》の誘発で得たカードを公開せずに手札に入れたと説明しました。どうすべきでしょうか。

Read more.

おおっとの神殿

 あなたがヘッドジャッジをつとめるモダンのPPTQで、AshtonはNaomiと対戦しています。Ashtonはそのターンの土地として《》をプレイしました。Ashtonは自分のライブラリーの一番上のカードを見て、テーブルの上に裏向きで置きました。Ashtonは考えてからそのカードを手に取り、自分の手札に入れました。Naomiは即座にジャッジを呼びました。どうすべきでしょうか。

Read more.

不気味な思惑

 あなたが1人でジャッジしているモダンのPPTQで、ArielleとNiceが対戦しています。Arielleは《》をコントロールしており、その-2能力を起動してカードを探し、見つけました。彼女は自分のライブラリーを切り直して、そのカードをその一番上に置きました。その後、Arielleは《》で攻撃し、Nickは《》でブロックしました。戦闘ダメージに進み、両クリーチャーが死亡して、Arielleは「《》のドローね」と言ってすぐにカードを1枚引きました。Niceは《》を読み、カードは引けないと指摘してジャッジを呼びました。  どうすべきでしょうか?

Read more.

いよいよド(ムリ)タンバ

 AugustはモダンのPPTQでNovemberと対戦しています。最終マッチの第3ゲームです。Novemberはクリーチャーを数体コントロールしており、手札は0枚で、ライフは1点で、タップアウトしています。Augustは土地を8枚コントロールしており、手札は3枚あってライフは1点です。Augustは《》を唱え、+1能力を起動し、自分のライブラリーの一番上のカードをちょっと見て、そのままそれを手札に入れました。Novemberは止めようとしましたが、間に合いませんでした。両プレイヤーは即座にジャッジを呼びました。Augustの手札は《》が2枚と《》1枚でした。どうすべきでしょうか。

Read more.

同盟者じゃないギデオン

 AbelはスタンダードのPPTQでNickと対戦しています。Abelは4枚の《》をタップし、「《》を唱えるよ」と宣言して手札にあったカードをテーブルに置きました。そして「騎士を出すよ」と言って2/2の騎士・同盟者・トークンを戦場に出し、「そっちのターンだよ」と言いました。Nickは自分のターンにカードを引いてから盤面を検討し、そして戦場にあるカードが《》ではなく《》だったことに気づきました。2人はジャッジを呼び、ジャッジであるあなたは状況を確認した時にAbelの手札には実際に《》があって、単に違うカードを置いてしまっただけだということがわかりました。  どうすべきでしょうか。

Read more.

再び灰色熊とともに

 Andyはルール適用度が競技のレガシーのイベントでNoleと対戦していて、変異1体と《》をコントロールしています。Andyの攻撃クリーチャー指定ステップ中に、Noleは《》を《》を対象に唱えました。Andyは対応して《》の変異コストを支払い、表向きにしました。Andyは《》を墓地に置き、「ドロー誘発」と言いました。Noleは対応して《》を唱え、クリーチャー2体を戦場に出しました。《》の解決後、Andyはターンを終えましたが、Noleは自分のドロー・ステップにAndyがカードを引き忘れていたことに気づきジャッジを呼びました。どうすべきでしょうか?

Read more.

闇の中の光

 モダンのPPTQでAtariがNintendoと対戦しています。Atariの第1ターンに、Atariは《》をプレイし、ターンを終えました。Nintendoは《》と《》をプレイし、両プレイヤーがそれぞれ自分のライブラリーの一番上のカードを公開してからパスしました。Nintendoの終了ステップに、Atariは《》を自身を対象にして唱え、それが解決されて、自分のライブラリーの一番上からカードを3枚墓地に置き、そしてライブラリーの一番上になったカードを公開して、それからそのカードを引こうとしました。引いている間に、Nintendoは状況に気づき、Atariを止めてジャッジを呼びました。  どうすべきでしょうか?

Read more.

ママ見てよ、手札ないよ!

 Anyaはグランプリの1日目でNatalieと対戦しています。マッチの第2ゲームで、Anyaは自分の《》の1つ目の能力を起動し、カードを1枚捨てて「ゾンビを出します」と言いました。そしてデッキケースとして使っている『破滅の刻』バンドルの箱の中からゾンビ・トークンを探しましたが、すぐに見つけることができず、箱の中身をすべて取り出してテーブルに置きました。ようやくゾンビ・トークンを見つけ、それを戦場に置いて、出したものを箱の中に片付けてゲームに戻ろうとしました。そこでAnyaとNatalieは、同時に、Anyaの手札にあった4枚のカードがなくなっていることに気づき、ジャッジを呼びました。呼ばれたジャッジであるあなたは、Anyaのデッキケースの中に19枚のカードがあることに気づきました。上から8枚、トークンを挟んで残り11枚という並びです。  調査の結果、盤面とターン数から、Anyaの手札が4枚であったことは確実です。  どうすべきでしょうか。

Read more.