再スタックと再契約

 ArthurとNeilはモダンのPPTQで対戦しています。Arthurのターンの終わりに、Neilはマナを全て出して《深遠の覗き見》を唱えました。Arthurはそれに対応して《払拭》を唱え、Neilはさらに対応して《否定の契約》を唱えました。Arthurは少し考えてから、《呪文貫き》を唱えました。
 Neilは少し待って、「そんな……」と言い、自分の呪文を自分の墓地に置きました。Arthurも同様にします。
 Neilはアンタップし、彼のターンのドローをしました。
 Arthurは「契約払ってないよ」と言います。
 Neilは答えて「《呪文貫き》したろ」と答えました。
「いや、俺が《呪文貫き》したのは《深遠の覗き見》だよ」
「ジャッジ!」
 どうすべきでしょうか?

Answer
 Arthurが《呪文貫き》で《深遠の覗き見》を対象にしたと宣言してはいませんでしたので、MTR4.2に則り、《否定の契約》を対象にしたと仮定されます。【警告】を出す必要も巻き戻す必要もありませんが、プレイヤーにイベントでの手順の省略と、ゲームの処理を明瞭に伝えることの必要性について指導してからゲームを続けさせましょう。

闘牛のように

 AnubisとNefertitiが『アモンケット』のシールド戦PPTQで対戦しています。Anubisは《ハゾレトの指名》と《血怒りの喧嘩屋》をコントロールしています。彼の戦闘前メイン・フェイズに、Anubisは《ハイエナの群れ》を唱えて解決した後で、「攻撃クリーチャーを指定していい?」と聞き、Nefertitiは「どうぞ」と言いました。
 Anubisは《血怒りの喧嘩屋》と《ハイエナの群れ》をタップし、「誘発。《ハイエナの群れ》は速攻とパワー2点追加ね」と言いました。Nefertitiは、《ハイエナの群れ》が攻撃できるべきではないと言い、ジャッジを呼びました。
 どうすべきでしょうか?

Answer

 最新のマジック・イベント規定のポリシー変更により、これは〔誘発忘れ〕にはならなくなりました。Anubisは違反を犯していません。MTR 4.2から一部引用します。
「アクティブ・プレイヤーが第一メインフェイズでの優先権を放棄したとき、戦闘開始時の誘発型能力と関連する場合を除き、非アクティブ・プレイヤーは戦闘開始ステップで行動するものと解釈される。ここで非アクティブ・プレイヤーが行動をとらなかった場合、アクティブ・プレイヤーは戦闘開始ステップでの優先権を得る。戦闘開始時の誘発型能力は (対象をとるものであっても)、非アクティブ・プレイヤーの行動が解決されたあとに宣言されてもよい。」
 したがってAnubisは戦闘開始ステップに優先権を対戦相手に渡したあとで《ハゾレトの指名》の対象を宣言することができます。Nefertitiは望むならAnubisの手順省略を中断させることができ、スタック上にある《ハゾレトの指名》の解決前に何かすることができます。何もしなければ、《ハイエナの群れ》は+2/+0と速攻を得て、Nefertitiを攻撃することになります。