超外科的サイドボード

 モダンのPPTQのデッキチェック中に、Percyのサイドボードのスリーブの中に1枚過剰なカードが入っていることに気づきました。サイドボードには《外科的摘出》が2枚入っていて、過剰なカードは3枚目の《外科的摘出》でした。これは裏向きで、サイドボードにある他のカードの裏にありました。その点以外では、彼のデッキには問題はありませんでした。テーブルに戻ってPercyを呼び出したところ、彼は、サイドボードの15枚目のカードをぎりぎりで決めたので、取り除いたカードを置いておく場所が他になかったのだと言いました。また、ゲーム開始前の手順で、彼はサイドボードを対戦相手に示し、2枚入っているカードがあることを言い、しかもそこに裏向きで入っているのは《外科的摘出》だと見せていたのです。対戦相手のOliviaはそのとおりだと認めました。どうすべきでしょうか。

Answer

 Percyのサイドボードに過剰なカードがありますので、普通は〔デッキの問題〕になりますが、この場合は適正です。MTRの規定に、サイドボードを提示する、というものがあります。これは常に行われているわけではありませんが、「サイドボード以外のものはデッキ箱の中に入れてある」という前提で行なわれています。どのカードがサイドボードのカードなのかを示しているので、Percyは懲罰を受けません。
 Percyがこのルールを守っていることに感謝し、提示し忘れたときの処理を理解しているか確認しましょう。マッチごとにサイドボードを提示するつもりだったとしても、混乱を避けるためには、過剰なカードはスリーブから出して箱の中に置き、サイドボードを箱から出しておくべきでしょう。