スポーツマンシップの秘密

大型でルール適用度が競技のモダンのイベントで、AmirとNemoが対戦しています。そのマッチの最初のターンで、Amirは《》をプレイし、チェックの入っていない『イニストラードを覆う影』のチェックリスト・カードをテーブルに出して「デルバー」と言い、そしてデッキケースから《》を取り出しました。Nemoはジャッジを呼び、チェックリスト・カードの問題を指摘しました。Nemoは、Amirが厳罰に処されるべきだとは思っておらず、むしろマッチを続けられるように『イニストラード』のチェックリスト・カード4枚を提供したいと提案しました。どうすべきでしょうか?

Read more.

碑のごとき過ち

モダンのPPTQで、Amyはエルドラージ・デッキを使ってNigelと対戦しています。彼女は《》と《》と《》、それに数枚の土地をコントロールしています。Amyはアンタップし、カードを引いて、クリーチャー全部で攻撃しました。ブロック・クリーチャーを考えている間に、Nigelは《》が誘発すべきだということに気づき、ジャッジを呼びました。Amyは誘発を忘れていたことを認めましたが、同時に《》で《》を明滅させて生け贄に捧げるためのトークンを生成できるかと尋ねてきました。状況を訂正するためにどうすべきでしょうか。また、Amyは彼女の望んだ行動をできるでしょうか?

Read more.

埋葬された宝物

 AndreaとNormanは地元のモダンPPTQで、お互いに第1ゲームのためにデッキを提示した。NormanはAndreaのデッキをディール・シャッフルし、その後で「ん、61枚でプレイするの?」と聞いた。Andreaは「えっ!? いや……」と言い、手早くサイドボードが15枚あることを確認した。彼らはジャッジを呼び、状況の解決を頼んできた。  Andreaのデッキを確認したところ、提示されたデッキの中にそれと同じ色のスリーブに入った宝物・トークンがあることがわかった。どうすべきか。

Read more.

何の勇者?

 Patrickは、ルール適用度が競技で運営されているスタンダードの5kイベントで、《》デッキを使っています。  Patrickのデッキリストは以下の通りでした。 22 土地 4 氷河の城砦 2 敵意ある砂漠 2 イプヌの細流 3 灌漑農地 5 島 6 平地 14 クリーチャー 4 発明の天使 4 勇者 3 査問長官 3 聖なる猫 14 インスタントとソーサリー 4 航路の作成 1 燻蒸 2 選択 4 復元 3

Read more.

スリーブを不足させないこと!

 AmyはシールドPPTQの第1回戦、Neveと対戦するために座り、ラウンドが始まりました。Amyは自分のデッキに1枚カードが多いことに気づき、ジャッジを呼びました、彼女はちょうど40枚スリーブを持っていましたが、スリーブをつけているときに1枚カードが余ったのです。Amyはその過剰なカードが何かがわからなかったので、あなたはすぐにデッキリストを持ってきて確認したところ、デッキリストにはメインデッキに41枚登録されていました。Amyはスリーブの予備を持っておらず、既にラウンド開始から4分が経過しています。AmyとNeveを対戦させるためにどうすべきでしょうか。また、違反や懲罰は(あるなら)何が適用されますか。

Read more.

おおっとの神殿

 あなたがヘッドジャッジをつとめるモダンのPPTQで、AshtonはNaomiと対戦しています。Ashtonはそのターンの土地として《》をプレイしました。Ashtonは自分のライブラリーの一番上のカードを見て、テーブルの上に裏向きで置きました。Ashtonは考えてからそのカードを手に取り、自分の手札に入れました。Naomiは即座にジャッジを呼びました。どうすべきでしょうか。

Read more.

不在の先兵

 あなたは『イクサラン』シールドのPPTQでヘッドジャッジです。第2回戦の終わりに、あるプレイヤーが、床に落ちていた、誰のものかはわからない、と黒マットのスリーブに入った《》を渡してきました。黒マットのスリーブを使っているプレイヤーは何十人もいます。カードが落ちていたというアナウンスをしても、誰も名乗りませんでした。  第5回戦の間に、あなたはそのカードの所有者であるPeterを見つけました。Peterはこのカードが彼のものであると確認しましたが、それがなくなっていることに気づかなかったと言います。このカードはPeterのデッキリストの「使用枚数」の欄に記載されていました。Peterは現在第5回戦の第2ゲームの途中で、彼が現在使っているデッキは40枚でした。

Read more.

不気味な思惑

 あなたが1人でジャッジしているモダンのPPTQで、ArielleとNiceが対戦しています。Arielleは《》をコントロールしており、その-2能力を起動してカードを探し、見つけました。彼女は自分のライブラリーを切り直して、そのカードをその一番上に置きました。その後、Arielleは《》で攻撃し、Nickは《》でブロックしました。戦闘ダメージに進み、両クリーチャーが死亡して、Arielleは「《》のドローね」と言ってすぐにカードを1枚引きました。Niceは《》を読み、カードは引けないと指摘してジャッジを呼びました。  どうすべきでしょうか?

Read more.

湯の中に上陸

 PPTQのラウンド4のデッキチェックで、あなたがプレイヤーのデッキを裏向きに広げたところ、5枚が他のスリーブに比べて1~2ミリ程度短いことに気づきました。その5枚は《》《》《》《》《》でした。プレイヤーにスリーブをどうかけたか尋ねたところ、彼は、まずデッキをソートして、デッキリストを書いて、それからデッキを軽くシャッフルしてからスリーブをかけた、と言います。また、スリーブの枚数が足りなかったのでスリーブを2パック混ぜて使ったとも言いました。あなたはここに故意はないと判断しました。どうすべきでしょうか。

Read more.

振り出しに戻る

 あなたがヘッドジャッジを務めているPPTQのスイス最終戦、残り時間12分の時点で、AllisonとNateがあなたを呼びました。彼らは現在第5ゲームで、このマッチを同意による引き分けにしたいけれども書き方がわからないと言います。何が起こっているのかと尋ねると、Allisonはこう答えました。 「ええと、俺たちは友達で、隣のテーブルが引き分けでなくてこっちが引き分けだと両方トップ8に残れるんです。それがわかっていたので、それぞれ1本取ってから、その次の2本は10ターンぐらいプレイしてIDで終わらせてました。隣のマッチが決着して片方が勝ったので、マッチもIDすることにしました。NateはIDは常に0-0-3だと言うんですけど、5ゲームやったんだからそれはおかしい気がします。どう書いたらいいですか?」  このイベントでプレイしていた知り合いのジャッジに聞いたところ、見ていた限りこのテーブルのプレイはとても早かったけれど、隣のマッチが終わったときに突然引き分けにしたのだと言います。どうすべきでしょうか?

Read more.